JapanGiving > チャレンジを支援する > 障害者ゴルフの世界選手権出場で脳性まひの...
  • 子ども
  • 障がい・介護
  • 芸術・スポーツ

障害者ゴルフの世界選手権出場で脳性まひの子供達を支援

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は100,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • takkunのチャレンジページへようこそ!
    私のチャレンジは、8月にスウェーデンで行われる障害者ゴルフの世界選手権に出場することです。
    出場するためには日本障害者ゴルフ協会が認める公式戦で好成績を収め、選抜メンバーに選ばれる必要があります。
    ゴルフは2016年のリオ・オリンピックから正式種目になりましたが、残念ながらパラリンピックの正式種目には慣れませんでした。
    しかし、これからも障害者ゴルフの認知と普及、そしてパラリンピックへの正式採用に向けて、さまざまな活動を通して、障害者ゴルフをPRして行きたいと思っています。

    私は、脳性麻痺、脳卒中、脳外傷などによる身体障害者7人でプレーされるCPサッカーを支援する『Esperanza』への寄付を集めるために、このチャレンジを行います。
    CPサッカーは、1984年のパラリンピック・ニューヨーク大会から、パラリンピックの種目となっている国際的な障害者スポーツのひとつです。残念ながら、日本はまだパラリンピックへ出場したことはないそうです。

    私のチャレンジが、日本の障害者ゴルフの普及とパラリンへの正式採用につながり、そして、日本のCPサッカーでのパラリンピック出場につながれば最高です。
    私のチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。

    応援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    応援よろしくお願いします。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    takkun

    寄付先の団体情報

    Esperanza

    http://esperanza.flairlife.net/

    エスペランサは、パラリンピックのサッカー・脳性まひ7人制サッカー(CPサッカー)の普及と振興を目指すと同時に、サッカーを通して、軽度肢体不自由児・者の自立とスポーツ参加の促進を図っています。定期練習会、大会やイベントへの参加を通じて、脳性まひ児・者を中心とした肢体不自由児・者のスポーツ参加の機会を増やしています。

    団体活動: Esperanzaの活動

    チャレンジャーがEsperanzaを選んだ理由

    私自身が持つ、より多くの障害を持った人たちにスポーツの楽しみを伝えたいという志に通じる活動をしているため応援します。