JapanGiving > チャレンジを支援する > 団体ではなく、「IT事業部」を背負って走...
  • 子ども

団体ではなく、「IT事業部」を背負って走ります。

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は30,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 私はNPO法人かものはしプロジェクトのいちスタッフです。
    その中でもIT事業部のスタッフです。
    かれこれ5年も働いています。
     
    今回、4月10日に行われるパラカップというハーフマラソンを通じて、自分に挑戦します。
    3年前の初挑戦は1時間54分、去年の再チャレンジは2時間7分。
    日々パソコンの前で業務をこなす体は確実に衰えています。
     
    でも、このままでは終われないので、自己新記録を目指します。
     
    1時間54分を切ります。
    差は13分。
    かものはしでの5年間を思いっきりぶつけます。
     
    IT事業部のスタッフは、団体にいながら、あまり表舞台に出てくる事はありません。
    良き裏方です。
    カンボジアで起きている問題とも現実的な距離があります。
     
     
    でも、今カンボジアで起きている問題の深刻さは分かっています。
    そして、その問題に対して本気で活動する、自分の団体も大好きです。
    ただ、自分に何が出来るのか、あまり分かっていません。
     
    でも、確実に何かは出来ると思うのです。
    なので、僕はこういったチャレンジを通じて、もっとIT事業部のスタッフのパワーをみなさんに伝えられれば良いな、と思っています。
     
    パソコンの前に座り続けた体にムチを打ち、本気で走ります。
    そして、「IT事業部、すげーな!」、と言わせます。
     


    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    ヒラタユウイチロウ

    寄付先の団体情報

    かものはしプロジェクト

    http://www.kamonohashi-project.net

    貧困生活による精神的・肉体的被害の危険からカンボジアの子どもたちを救うべく、起ち上がった「かものはしプロジェクト」。強制的な商業的性的搾取を防止する活動を、持続的かつ発展的に行うことにより、すべての子どもたちが未来への希望を持って生きられる世界を実現させることを目的としています。

    団体活動: かものはしプロジェクトの活動

    チャレンジャーがかものはしプロジェクトを選んだ理由

    自分が5年もお世話になった団体だからです。内部にいるからこそその団体の本当の良さが分かります。何かをしたくなる、そんな価値があると思っています。