JapanGiving > チャレンジを支援する > NYインナーシティーの子ども達が日本を経...
  • 子ども
  • コミュニティー
  • 国際平和

NYインナーシティーの子ども達が日本を経験する機会を残そう

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は50,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • Chie@TKdVのチャレンジページへようこそ!

    私は、『NY de Volunteer』への寄付を集めるために、Tokyoでファンドレイジングパーティ―(詳細下記参照)を開催し、目標額達成のチャレンジを行います。

    NYdVは、NY市が運営するリクリエションセンターのアフタースクールの一貫としてNY de Volunteerのオリジナル企画"Explore Japanese Culutre! an After School Program"企画を実施し、日本文化紹介を行ないます。このプログラムの目的はニューヨークの子供達が異文化に触れることで、視野を広げ「世界の一 員」として育っていく事でダイバーシティ(多様性を教える)教育が注目されているNYの教育界で高いニーズを担っています。

    6歳から13歳の約50名のアメリカの子供達に、日本語、日本の遊び、日本食、武道、茶道、踊りなど多角的に、8回に分けて日本の暮らしや文化を紹介します。

    人種のるつぼと言われるNYですが、インナーシティエリア(低所得者が多く住む地域)では同じようなバックグランドの人達の中で子供達が生活しており、そ の枠を超えてた異文化に触れる機会が少ない環境で育っています。小さな頃から多様の文化、価値観に触れる事は、違いを受け入れ尊重出来る子供達を育成する 上で非常に大切です。
    http://www.nydevolunteer.org/activities/afterschool/index.html
    http://www.nydevolunteer.org/index.html

    一方で、Tokyo de Volunteer は過去NYdVを通してニューヨークでボランティア活動を行っていた私のようなものが中心になってたちあげ、姉妹団体として同様のボランティアスピリットを広める活動をしています。

    残念ながら、母体であるNYdVのアフタースクールプログラムは市の予算削減や不景気のあおりで、財政難を抱えています。この日本の文化紹介のプログラムは是非継続させたいと考え、日本からも応援するため寄付を募ることにチャレンジとしたいと思います。
    =======
    まずは、来週2月3日のTokyo de VolunteerとJETAA Tokyoの新年会を兼ねたファンドレイジングパーティーで寄付を集めたいと思います。
    このパーティーで最低でも30人に来ていただき、活動を知ってもらうと同時に寄付を募り、5万円を目標にチャレンジしたいと思います。
    日時: 2月3日(木)19:30~
    参加費: 4000円
    参加できる方は TokyodeVolunteer@yahoogroups.jp までご連絡下さい。詳細をお送りします。
    参加できないかたも、応援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!
    私事、私のお誕生日パーティーも兼ねておりますので、ご飯やお酒をおごってくれる代わりにビール一杯分でもうどん一杯分でも寄付して下さい。
    =======
    ちなみに私は今年のお正月にNYに行きまして、とりあえず$300寄付してきました!

    応援よろしくお願いしま~す。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    Chie@TKdV

    寄付先の団体情報

    NY de Volunteer

    http://www.nydevolunteer.org/index.html

    発足は代表の日野紀子が1994年にコニーアイランドに初めて訪れた時の体験がもとになっています。ゴミがあふれた浜辺に失望し、一人でゴミ拾いをしていたところ、手伝ってくれる人が出て来ました。その人々と気持ちを共有できたことに感動し、また個々が集まり大きな力となることの偉大さを実感しました。 そして『ボランティア活動』が、ニューヨークのような人間関係が希薄になりがちな大都会において、人種や年齢など社会的階層の違いを超えた人と人を結ぶ『掛け橋』になり、それがコミュニティ形成を担える事に着眼し、一人でも多くの人とこの体験と感動を分かち合うためボランティア活動をはじめ、現在にいたります。

    団体活動: NY de Volunteerの活動

    チャレンジャーがNY de Volunteerを選んだ理由

    NY de Volunteer はTokyo de Vounteerのルーツです。今後も多くの人をインスパイアすることができるようNYdVの活動を継続的に支援していきたいと思います。
    また、NYdVのアフタースクールプログラムという素晴らしいプログラムを支えて行くことができればよいなと思います。