JapanGiving > チャレンジを支援する > 元小児白血病患者が、全都道府県のマラソン...
  • 医療

元小児白血病患者が、全都道府県のマラソン大会を笑顔で完走する(^∀^)

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。

目標の寄付金額は10,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 今回は山梨県の「南アルプス桃源郷マラソン」を走ります!

     私は7歳で慢性骨髄性白血病を発病し、翌年、兄弟間の骨髄移植で命が助かりました。
     大人になった今では、当時の過酷な治療により、成長障害や拘束性換気障害などの晩期合併症に悩まされていますが、同じ病気の人に元気になれる姿を見せたいと思い、5年程前から全都道府県のマラソン大会を走覇する挑戦をしています。

      特に拘束性換気障害(肺が膨らまなくなり十分な呼気ができなくなる障害)で、私は歩くようなスピードでしか走ることができなくなってしまいました。
    しかし、そのおかげで、いつも大会で着ているメッセージ入りのTシャツは、しっかりとランナーや沿道の方の目にとまり、より大きな声援を頂けます♪

    今回は、4月12日に山梨県で開催される「南アルプス桃源郷マラソン」を走ってきます。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    みやぎ

    寄付先の団体情報

    日本骨髄バンク

    http://www.jmdp.or.jp/

    白血病等の重い血液の病気は、健康な人から血液を造る細胞をいただいて置き換える「骨髄移植」や「末梢血幹細胞移植」が有効な治療です。骨髄バンクは、この細胞を提供してくださるドナーを募集し、患者さんへ橋渡しを行っています。現在ドナー登録者は約42万人、それでも移植を受けることができる患者さんは約6割です。一人でも多くの方に生きるチャンスを広げるため皆さまのご理解と温かいご支援をお待ちしております。

    団体活動: 日本骨髄バンクの活動

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    チャレンジャーが日本骨髄バンクを選んだ理由

    私が骨髄移植をした頃には、まだ全国的な骨髄バンクがありませんでした。
    私は兄弟間の骨髄移植で命が助かりましたが、ドナーのいない友達は最善の治療ができないまま亡くなってしまいました。
    同じような思いをする方が出ないよう、骨髄バンク普及のために何かできればと思い選ばせていただきました。