JapanGiving > チャレンジを支援する > 「Paddy」ネパール応援1,000円プ...

「Paddy」ネパール応援1,000円プロジェクト


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • ■ネパール大地震に、少しでもできること

    2015年4月1日、「各地の魅力ある風景を発掘する」というテーマを元に、iPhone用アプリ「Paddy」の公開がスタートしました。

    その公開までに、世界各地にも渡航し様々な風景に触れ、日刊メールマガジン『ビジネス発想源』でも多くの海外の情報をお届けしてきました。

    2015年4月25日、ネパールにて大地震が発生しましたが、ネパールは今後の渡航候補地の一つであり、これまでにネパールの方に主宰する勉強会型イベントでご登壇頂いたこともあります。

    そこで、今回のネパール大地震の復興・復旧に対し、「Paddy」でも何か少しでも協力できることがないかと思い「ネパール応援1,000円プロジェクト」を実行することになりました。

    ■1,000円ずつ出し合って、想いを届けよう

    遠い地にいる我々にできる最大の応援は、義援金ではないかと思います。
    しかし、金額の大小を見て無理したり萎縮したりすることのないよう、全員同じ金額で、すごく無理というわけではない「1,000円」だったらどうだろうと考えました。
    目標金額は1,000円ずつ100人の参加による100,000円にしたいと思います。

    1,000円というと、都心のラウンジのコーヒー1杯分ぐらいの値段。
    コーヒー1杯のくつろぎの分を、ネパールの皆さんのために。
    「本当にたった1,000円だけでいいのかな……?」と無理する必要はありません。言い出しっぺの私も、1,000円で始めることにしました。

    共に地球上の美しい風景を共有する地球人同士。少しでも手を取り合えることがあるのなら、できることから始めたいと思います。互いの国の美しい風景を笑って紹介し合える、その日を願って……。

    少しでもご賛同頂ける方、ご参加をお待ちしています。

    Paddy: http://www.paddying.com/ 

    • 被災者
    • NPO・NGO
    • 途上国
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    終了しています
    164

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    WINBIT 認証済み

    寄付先の団体情報

    アジアパシフィックアライアンス

    http://apadm.org/japanese/

    アジアパシフィック アライアンスとは、アジア太平洋地域で大規模災害が起きたとき、各国・地域の企業、NGO、行政が各組織の壁を越えて連携することで、それぞれが持つ情報、人、資金、モノを各国間で共有・活用し、より迅速で効果的な支援を目指す組織です。

    団体活動: 【ネパール地震被災者支援】アジアパシフィックアライアンス(A-PAD)

    チャレンジャーがアジアパシフィックアライアンスを選んだ理由

    少しでもネパールへの助けになれば……。私たちは現地から遠い地にいますが、こちらのNPO団体にその想いを託し、想いで現地に寄り添いたいと思います。