JapanGiving > チャレンジを支援する > 社会問題はビジネスチャンスの宝庫??ーイ...
  • 子ども
  • コミュニティー
  • 教育

社会問題はビジネスチャンスの宝庫??ーインドネシアの学生とゴミビジネスを考案したいー

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。

目標の寄付金額は600,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • チャレンジについて

    私たちはインドネシアの非営利団体Gerakan Mari Berbagi (共に分かち合う)や日本のNPO法人アントレプレナーシップ開発センターの協力を得て、8月29日から9月14日までの17日間、インドネシアに渡航します。現地では一般家庭にホームステイしながら各自が興味ある社会問題(教育、福祉、公衆衛生インフラ、多民族社会の統治や多様性享受社会等)に関わるNGO等で研修予定です。
     インドネシアは急速な成長を続ける新興国です。一方で公害、貧困、雇用などかつてのまたは現在の日本と同じ社会問題を抱えています。
     そこで私達は事前に各分野で日本がどのように同様の問題を克服又は解決してきたのかを研究し、現地での研修に臨みます。研修終了時に関係者を招き、今後インドネシアという国を引っ張っていく同年代の若者達と、社会問題であるゴミの有効活用しビジネスにつなげられるかを議論し、解決策を共有し、交流することで互いに学び合う機会を得たいと考えています。
    ぜひこのシンポジウムを実現するために応援下さい。

    シンポジウムの日時と内容

    日 時:2015年9月11日(金) 13:00-17:00
    場 所:インドネシア、ジャガマダ大学 キャンパス内の講義室
    参加者:ガジャ・マダ大学学生、GMB卒業生など約100名
    内 容:以下を予定しています

    13:00:開会挨拶( GMB代表者 Azwar Hasan )
    13:15:研修生代表 挨拶
    13:30:ゲストスピーカーによる講演
    『インドネシアにおける廃棄物処理の実態と取組』
    14:00:ワークショップ
    1)ルール説明
    2)チームビルディング(1チーム6~7人)
    3)課題発表:『インドネシアにおける廃棄物問題を解決するための経済的かつ持続可能なシステムまたはサービスを提供する新しい実現可能なビジネスモデルを確立せよ』
    4)ディスカッション
    15:30ビジネスアイデアの共有
    16:15文化交流セッション(伝統的な歌や踊りなど)
    17:00 閉会の挨拶

    ご支援してくださった方へのリターン①

    3000円寄付の方
    ①②
    5000円寄付の方
    ①②③
    10000円寄付の方
    ①②③④
    30000円寄付の方
    ①②④⑤
    50000円寄付の方
    ①②④⑤⑥
    100000円寄付の方
    ①②④⑥⑦⑧

    ①サンクスカード
    ②シンポジウムの報告書
    ③インドネシア産バティックで作ったハンカチ
    ④帰国後の報告会へのご招待 場所:京都 九月下旬~十月頃

    インドネシア産バテッィクのハンカチ(写真はイメージです)

    ご支援してくださった方へのリターン②

    ⑤以下の会に一度無料ご招待 

    日時:8月2日(日) 『Indonesian Rerigion Rarty』 12時半~15時
    場所:東京 10°SPACE(東京都豊島区高田3丁目12-8)
    インドネシアの魅力の一つ、宗教に焦点を当てたパーティーです。
    軽食を交えインドネシアについて学びます。

    日時:8月7日(金) 『インドネシア食堂』 一部18時~20時半、二部20時半~23時
    場所:京都市 日替わり店長レストラン「魔法にかかったロバ」
    地図 http://stat.ameba.jp/user_images/20130211/19/mahoroba-kyoto/0a/e1/j/o0800058312415272836.jpg 
    本格的なインドネシア料理を堪能しながらインドネシア国やイスラム教について学んでみませんか?
    ⑥インドネシア産バティックで作ったクッションカバー
    ⑦HPへの名前または社名掲載
    ⑧プロジェクトTシャツ

    インドネシア産バテッィク

    GMBーJAPANの活動について

    私たちGMB-JAPANのHP(以下URL  http://www.entreplanet.org/GMB-Japan/index.html)に詳しく掲載しております。 

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    宿利原拓也

    寄付先の団体情報

    アントレプレナーシップ開発センター

    http://www.entreplanet.org

    社会問題の解決や社会変革に積極的に取り組む起業家的人材育成と彼ら挑戦者を応援する社会風土の創出をミッションとして、学校教育や学校・地域が連携して人材育成を行う活動を積極的に支援するものです。

    団体活動: アントレプレナーシップ開発センターでは、社会問題の解決や社会変革に積極的に取り組む起業家的人材育成と挑戦者を応援する社会風土の創出をミッションとして、学校教育や学校・地域が連携して人材育成を行う活動を積極的に行っています。

    チャレンジャーがアントレプレナーシップ開発センターを選んだ理由

    NPO法人アントレプレナーシップ開発センターは小学生から大学生まで、熱意を持った次世代のリーダーの育成に尽力されている団体です。
    私たち大学生6人が次世代を担うリーダーになるべく行うインドネシアのチャレンジを支援して頂きます。
    私たちの活動を発信することで同センターが行っている運動に少しでも寄与できたらと考えました。