JapanGiving > チャレンジを支援する > 「未来の会」運動を日本中に広める!
  • 子ども
  • 芸術・スポーツ

「未来の会」運動を日本中に広める!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は10,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 当方が代表を務める「未来の会」は、高次脳機能障害者と家族のための情報交換と交流の場。企画と運営は、全て高次脳機能障害の当事者が分担して行います。 所謂「家族会」は、星の数ほどありますが、当事者だけで企画運営しているのは、多分「未来の会」だけ。 この企画運営ノウハウがあれば、全国各地で世話人に頼らずに同様の自主的活動ができるはず。 全国に50万人いると言われる、見えない障害「高次脳機能障害」の当事者とそのご家族が、少しでも幸せになれるように!

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    タケシ

    寄付先の団体情報

    NPO KEEP ON RACING

    http://www.keep-on-racing.com/npo/index.htm

    KEEP ON RACINGは、学校、福祉施設、病院など様々な場所で「出張授業」を行っています。単に一方的に「語る」講演ではなく、双方向のコミュニケーションをとり、イベントとしても楽しい「出張授業」を展開しています。講師は太田哲也はじめ、逆境を克服しながら常にチャレンジをし続けている著名人に参加してもらいます。また、「語るだけではなく、自ら挑戦を続けなければ説得力がない」という信念のもと、太田哲也はハンディがある右足に補助器具をつけレース活動を続けています。そのチャレンジする姿は、障害を抱えた人やその子どもたちをはじめ多くの人々に「生きる勇気」を与えているのです。レース活動は「KEEP ON RACING」の広報活動としての役割もあります。

    団体活動: NPO KEEP ON RACINGの活動

    チャレンジャーがNPO KEEP ON RACINGを選んだ理由

    12年前に障害者になった自分が、後に「未来の会」を作る時、K.O.R.の活動には多分にインスパイヤされました。せめてもの恩返しを。