JapanGiving > チャレンジを支援する > 還暦超えて、スケートでアメリカ大陸横断に...
  • 被災者
  • 国際平和
  • 動物

還暦超えて、スケートでアメリカ大陸横断に挑戦!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は300,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 私は、どこにでもいる62歳の普通のオジサンです。
     

    20年前、14歳の三男とともに自転車でアメリカ大陸を横断しました。そのときにお世話になったアメリカ人の皆さんに恩返しをしたいと思い、今度は1人で、自転車よりも生身に近いインラインスケートで大陸横断を決意しました。 

     

    思えば、アメリカに行ったときだけでなく、生まれて60余年間、本当に多くの人達に支えられて生きてくることができたと思います。そんなすべての人にも感謝の気持ちでいっぱいです。 

     

    そこで、アメリカ横断という自分にとっての“夢の旅”を、チャリティにしたいと思いました。 

     

    また、普通のオジサンの私がこの旅を成し遂げることで、同世代の皆さんを始めとするあらゆる人々に“願う夢は必ず叶う”という私の思いに共感していただきたいと思っています。それによりチャリティの輪がどんどん広がることを祈っています。

     

    チャリティの目的はアメリカ人の皆さん、アメリカの大地に住んでいる中国人の方、日本人の方、アラブ人の方等々、すべての皆さんへの感謝の証しです。

     

    私は、9.11のテロの根本的原因でもあるアフガニスタンの農村地域への自立支援のための寄付を集めたいと思います。貧しい家族の生活が安定することによってテロ組織に身を投じる若者たちが減り、それぞれの兵士たちも戦場から家族のもとへと帰ることができると信じているからです。

     

    私の旅がアフガニスタンの平和へとつながり、1人でも多くのアメリカ人兵士たちを、無事に、彼らを待ちわびる家族の元へ送り届けられますことを願ってやみません。

     

    最後に、この旅を、私の愛する家族、今は亡き父、山下公と、長男の山下満に献げるためにも、必ず最後まで走り抜きます! この2人の存在亡くしては今回の旅の実現はありませんでした。

     

    私の旅の現在地、現地から送る写真は、下記ブログをご覧ください。

    http://ameblo.jp/hashire-ojisan/

     

    ぜひ、あなたの“夢”“思い”をブログにコメントしてください。

    あなたの夢と思いを乗せて私は走ります。

     
    私の“夢の旅”の熱意に賛同していただけましたら、ぜひ寄付をお願いします。
     
    寄付をしてくださった皆さん、ありがとうございます!
     

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    寄付先の団体情報

    ピースウィンズ・ジャパン

    http://peace-winds.org

    世界各地で紛争や災害などによって生命を脅かされている人の支援をしています。食料・物資の配布などの緊急人道支援に加え、給水支援、教育支援、フェアトレードなどにも取り組んでいます。国内では東北の復興支援のほか、犬・猫の保護、過疎地の産業振興など新たな分野の活動に挑戦しています。

    団体活動: ピースウィンズ・ジャパンの活動

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。