JapanGiving > チャレンジを支援する > 月間走行距離1000kmで子供達に希望を...
  • 子ども
  • 芸術・スポーツ

月間走行距離1000kmで子供達に希望を!!!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は10,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • morimakoのチャレンジページへようこそ!
    私は、『NPO KEEP ON RACING』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    私は全国の大会でアフロとモミアゲサングラスで仮装して走る通称アフロジョガーです。
    小学校でけん玉伝導師としてけん玉を伝える仕事もやっています。
    けん玉をしながらマラソンをするパフォーマンスもやっています。
    月間走行距離が多くて300kmぐらいですが、今月は1000km目指して
    走っています。
    私のチャレンジが少しでも人の為になればと決意しました。

    JustGivingは、私が主催者となるチャリティ・プロジェクトです。
    私が日頃抱いている「何とかしたい」という思いを、「チャレンジ」というカタチに変えて、社会に発信したいと思いました。
    私のチャレンジに共感した皆さんから、「寄付」というカタチで応援してもらえると嬉しいです。
    チャレンジの内容はもちろん、支援先団体も、私が選びました。

    私のチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。

    応援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    応援よろしくお願いします。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    morimako

    寄付先の団体情報

    NPO KEEP ON RACING

    http://www.keep-on-racing.com/npo/index.htm

    KEEP ON RACINGは、学校、福祉施設、病院など様々な場所で「出張授業」を行っています。単に一方的に「語る」講演ではなく、双方向のコミュニケーションをとり、イベントとしても楽しい「出張授業」を展開しています。講師は太田哲也はじめ、逆境を克服しながら常にチャレンジをし続けている著名人に参加してもらいます。また、「語るだけではなく、自ら挑戦を続けなければ説得力がない」という信念のもと、太田哲也はハンディがある右足に補助器具をつけレース活動を続けています。そのチャレンジする姿は、障害を抱えた人やその子どもたちをはじめ多くの人々に「生きる勇気」を与えているのです。レース活動は「KEEP ON RACING」の広報活動としての役割もあります。

    団体活動: NPO KEEP ON RACINGの活動