JapanGiving > チャレンジを支援する > 東日本大震災 目の前の出来ること!
  • 被災者
  • コミュニティー
  • NPO・NGO

東日本大震災 目の前の出来ること!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は200,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 今回出来る事を考えた中の一つに
    東北地方太平洋沖地震の復興に少しでも役立てばと、
    『CIVIC FORCE』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。

    http://ameblo.jp/fivefour/

    1人にできることは限られていますが、
    『冷静に、自分が出来ることと出来ないことを見極め行動する』
    それこそが今、必要な事だと思っています。

    それぞれができることをやるしかないのですが、
    焦る気持ちを抑えつつ、自分の出来る範囲で、
    取り組みましょう。



    -----------------------------------------------------------
    ■ いま、知っていただきたいこと
    -----------------------------------------------------------
    支援活動に関しては「緊急支援」と「開発支援」があります。
    今は、間違いなく「緊急支援」が必要になっていきます。
    そのために一番緊急支援活動をしているこの団体を選びました。
    この団体が、お金のことを心配せずに、活動できるように
    支援していきたいと思います。

    -----------------------------------------------------------
    ■ 目標金額でできること
    -----------------------------------------------------------
    目標金額はただの数字です。
    1円でも多い寄付金が集まれば、
    1人でも多くの人を救うことにつながると祈っております。

    -----------------------------------------------------------
    ■ 鈴木貴大の自己紹介
    -----------------------------------------------------------
    呼びかける1人として活動しています。
    鈴木貴大 twitter @takahirosuzuki

    -----------------------------------------------------------
    ■ 私からのお願い
    -----------------------------------------------------------
    このサイトからでなくても全く問題ありません。
    みなさんが、自分のできる範囲で「行動」を起こしてくれることを願います。

    確かな被災地支援で想いを届けたい場合は、
    『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!






    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    鈴木貴大 認証済み

    チーム情報

    チーム名:アスリートエール実行委員会

    チームの合計金額:¥175,000

    チームの参加人数:3人

    チームの寄付件数:17件

    寄付先の団体情報

    CIVIC FORCE

    http://www.civic-force.org/

    国内外のあらゆる被災者のニーズに応えられるよう、被災者一人ひとりの視点を最大限重視し、企業・行政・地域とも連携し、かつてないスピードで質の高い支援を提供します。

    団体活動: CIVIC FORCEの活動

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    チャレンジャーがCIVIC FORCEを選んだ理由

    今一番必要な「緊急支援」を行っている団体である事