JapanGiving > チャレンジを支援する > 「経営者自ら育休取得チャレンジ」
  • 子ども
  • 社会環境
  • 障がい・介護

「経営者自ら育休取得チャレンジ」

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。

目標の寄付金額は300,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  •  みなさんこんにちは。
     駒崎弘樹のチャレンジページへようこそ!
     
     私は、『フローレンス』へ”ひとり親支援”
     (ひとり親家庭へ安価で安心・安全の病児保育サービスを提供するため)
     の寄付を集めるために、チャレンジを行います!
     
     私はNPO法人フローレンスの代表を務めております。
     めでたく今年の9月に第一子である娘が誕生する予定で、
     生まれてくる前から可愛くて仕方がなく、
     会える日をいまかいまかと待ちわびております!
     NPO法人の代表という立場だからこそっ!
     今年の10月11月と育児休暇を取得することに致しました!
     そうですっ!最近のフレーズでいう「イクメン」となります!
     私自身保育の業界に携わっており、男性の育児へのコミットできるような
     社会の流れを子育てに取り組んでいる多くの男性の方々と一緒に創って行きたいと考えております。
     フローレンススタッフと電話会議を行うものの
     その他は育児に集中致します!私が現場にいないこの機会に
    フローレンススタッフには権限委譲を通じて、
    スタッフの育成にも尽力して参ります。
    みなさまからの育児の豆知識やアドバイス等ございました
     ら教えてください!
     私の育児日記に関してはこちら→http://komazaki.seesaa.net/
     
     私のチャレンジに共感した皆さんから、
     ひとり親家庭へ安価で病児保育サービスを提供するための
     「寄付」というカタチで応援してもらえると嬉しいです。
     私の育児へのチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。
     応援してくれる皆さんは、ぜひ『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!
     応援よろしくお願いします!
     

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    駒崎弘樹

    寄付先の団体情報

    フローレンス

    http://www.florence.or.jp/

    熱など軽い病気の時に子どもが保育園で預かってもらえない「病児保育問題」を解決すべく、2005年より日本初の訪問型・共済型の病児保育サービスを展開。低収入のひとり親世帯には寄付を原資に安価で病児保育を提供。2010年より待機児童問題解決のため小規模保育園「おうち保育園」を展開する。

    団体活動: フローレンスの活動

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。