JapanGiving > チャレンジを支援する > 東北太平洋沖地震へ、今私たちにできること...

東北太平洋沖地震へ、今私たちにできること!


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • 浅見帆帆子のチャレンジページへようこそ!

    私は、『School Aid Japan』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    支援先団体は、私が選びました。
    【いま、知っていただきたい】
     こうしている今も、被災地の人たちは必死に生きています。
     その影響は、直後のショックが薄れたとしても、報道で扱う時間が減ったとしても、何年も何年も続きます。
     ジャストギビングをはじめたきっかけ(詳細はこちら)
     http://www.hohoko-style.com/diary/2011/03-01.html#Vol4


    【目標金額でできること】
     被災地で一番必要なことのために、一円も無駄にせず使っていただきます。

    【浅見帆帆子の自己紹介】
     本業の作家活動だけではなく、ネットの力も借りてできることをしたい。

    【今回のチャレンジ内容について】
     今こそ、みんなの心がひとつになることを感じましょう。その思いを共有しましょう。

    【チャレンジのハードル】
     現地に足を運ぶことができる人、大量の物資を送れる人だけが貢献になるのではありません。
     ほんの少しの貢献が、どのくらい大きなパワーになるかをイメージしてください。

    【私の経験】
     作家活動を通して、 ほんの少しのあたたかい気持ちが、奇跡を起こすパワーになることを実感しています。
     祈りや思いは気休めではありません。遠く離れていても、必ず届きます。

    【私からのお願い】
    私のチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。
    応援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    応援よろしくお願いします。

     
     

    • 被災者
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    終了しています
    274

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    浅見帆帆子 認証済み

    寄付先の団体情報

    School Aid Japan

    http://www.schoolaidjapan.or.jp/

    今回の東北地方太平洋沖地震における被災者の皆様のため災害募金を行います。頂いたお金で ①緊急救援物資の調達・配送②救援物資が不要になった場合は信頼できる被災地の行政機関・災害復旧支援組織へ義援金としての寄付を行います。

    団体活動: School Aid Japanの活動

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    チャレンジャーがSchool Aid Japanを選んだ理由

    里親支援など、私自身がSAJの活動に参加した経験を通して、当団体の透明性と、「1円も無駄にせず」という姿勢に強い信頼を置いているため。また、「今一番必要なものを必要な場所に」と、目に見える形で物資を輸送している迅速な活動に感銘&支援したいため。(詳細はこちら)
    http://www.hohoko-style.com/diary/2011/03-01.html#Vol4