JapanGiving > チャレンジを支援する > 10万円でバス一台。ボランティア50人を...

10万円でバス一台。ボランティア50人を被災地へ。


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • 岩井天志のチャレンジページへようこそ!

    私は、『福興会議』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    援先団体は、私が選びました。

    【いま、知っていただきたいこと】

    東日本大震災直後から、東北芸術工科大学の学生の間から盛り上がってきた「福興」という考え方。 その具現化のための組織が「福興会議」です。
    「福興」の目指すものは、3.11以前の街の再現を意味する「復興」ではなく、大震災を経験した私たちが、3.11以後にあらためて追い求める「幸福」の新しいカタチを被災した人々とともに考え、デザインし、分かち合うこと(幸福の復興→福興)です。

    「福興会議」の第一弾のプロジェクトとして、被災地に人手が足りてないという現状に対し、学生を含めたボランティアを団体で送り込むバスツアー「スマイルエンジン」を実施しています。

    【チャレンジ内容と目標金額でできること】
    50名のボランティアを送る一回のピストン輸送(スマイルエンジン)に約10万円かかり、6月から8月末まで週1日継続的に実施するための130万円を集めます。

    【岩井天志の自己紹介】
    東北芸術工科大学 映像学科 准教授 です。

    【私の経験】
    東京から毎週山形の大学へ通い、教鞭を執るようになって4年。
    そこで感じたことは、ここ(東北芸術工科大学)の学生は東京の美大生が持つ時代に適応し形を変えていく表現とは異なる、東北の歴史と文化に密着した表現が確実にあるということ。
    真の東北の復興は彼らの活動から始まると私は信じています。

    【私からのお願い】
    私のチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。
    援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    応援よろしくお願いします。

    • 被災者
    • コミュニティー
    • 芸術・スポーツ
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    1

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    岩井天志

    チーム情報

    チーム名:福興会議

    チームの合計金額:¥303,600

    チームの参加人数:1人

    チームの寄付件数:10件

    寄付先の団体情報

    福興会議

    http://www.tuad.ac.jp/fukukou/index.html

    東日本大震災直後から、東北芸術工科大学の学生の間から盛り上がってきた「福興」という考え方。 「福興」の目指すものは、3.11以前の街の再現のみを意味する「復興」ではなく、大震災を経験した私たちが、3.11以後にあらためて追い求める「幸福」の新しいカタチを被災した人々とともに考え、デザインし、分かち合うこと(幸福の復興→福興)です。

    団体活動: 福興会議の活動

    チャレンジャーが福興会議を選んだ理由

    山形にある東北芸術工科大学の学生たちが立ち上げた「福興会議」を応援します。
    「福興会議」の第一弾プロジェクトとして、被災地に人手が足ない現状に対し、学生を含めたボランティアを団体で送り込むバスツアー「スマイルエンジン」を実施しています。
    50名のボランティアを送る一回のピストン輸送に約10万円かかり、本プロジェクトを6月から8月末まで週1日継続的に実施するため現在130万円が不足しています。