JapanGiving > チャレンジを支援する > ツールド沖縄入賞でチャレンジする素晴らし...
  • 子ども
  • 芸術・スポーツ

ツールド沖縄入賞でチャレンジする素晴らしさを支援

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は10,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • kensukeのチャレンジページへようこそ!

    私は、『NPO KEEP ON RACING』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    私のチャレンジに共感した皆さんから、「寄付」というカタチで応援してもらえると嬉しいです。
    私のチャレンジの内容は、趣味である自転車において、ホビーレーサーの甲子園といわれる「ツールドおきなわ」での入賞です。
    私は、2010年4月に自転車の練習中に右大腿骨転子部を骨折し、入院⇒手術⇒リハビリを余儀なくされました。今も右大腿骨にはチタン製ボルトが入ったままです。
    しかし、怪我から復帰し日常生活に支障がなくなってから、出来る限りの自転車のトレーニングを積んできました。2010年11月におこなわれる「ツールドおきなわ 市民レース140km」で入賞し、チャレンジする素晴らしさを皆さんと共有したいと思います。
    応援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    結果は11月14日(日)のレース終了後、皆様にご報告する予定です。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    kensuke

    寄付先の団体情報

    NPO KEEP ON RACING

    http://www.keep-on-racing.com/npo/index.htm

    KEEP ON RACINGは、学校、福祉施設、病院など様々な場所で「出張授業」を行っています。単に一方的に「語る」講演ではなく、双方向のコミュニケーションをとり、イベントとしても楽しい「出張授業」を展開しています。講師は太田哲也はじめ、逆境を克服しながら常にチャレンジをし続けている著名人に参加してもらいます。また、「語るだけではなく、自ら挑戦を続けなければ説得力がない」という信念のもと、太田哲也はハンディがある右足に補助器具をつけレース活動を続けています。そのチャレンジする姿は、障害を抱えた人やその子どもたちをはじめ多くの人々に「生きる勇気」を与えているのです。レース活動は「KEEP ON RACING」の広報活動としての役割もあります。

    団体活動: NPO KEEP ON RACINGの活動