JapanGiving > チャレンジを支援する > 子どもたちを支える「+Action」!
  • 子ども
  • 社会環境
  • NPO・NGO

子どもたちを支える「+Action」!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は200,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • takahataのチャレンジページへようこそ!

    私は、『+Action for Children』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    援先団体は、私が選びました。

    【いま、知っていただきたいこと】
    先進国といわれる日本ですが、我が国の子どもたちは、いくつかの分野では、世界では当たり前に受けられる支援を受けられていません。
    早期発見で守れる命、ワクチンで守れる命、新薬で救える命。子どもたちが直面している様々な困難な状況を知っていただき、子どもたちを守るためには何が必要なのかをともに考え、そして子どもたちを支えるために一緒にこうどうしてみませんか。

    【目標金額でできること】
    子どもたちを支える活動を行っている団体の多くは、規模も小さく様々な困難を抱えながら活動しています。これらの活動を知っていただくため、啓発活動を行います。多くの人たちに知っていただくことで、支援の輪を広げることができます。

    【takahataの自己紹介】
    2011年5月5日、子どもたちを支える活動を支援するため「+Action for Children」を立ち上げました。私自身、息子がワクチンで防げる疾病(VPD=Vaccine Preventable Diseases)である細菌性髄膜炎に罹患し、子どもにつらい思いをさせてしまうという経験をしました。私は、細菌性髄膜炎のことも、ワクチンで防ぐことができることも、そのワクチンが日本では導入されていなかったことも知りませんでした。そして、ワクチンで防ぐことのできない状況を知らず、改善のために何も行動していなかったことをとても悔やみました。同じような思いを子どもたちにも保護者の方々にも繰り返してほしくない、そのような想いから活動しています。
    【私からのお願い】
    自分自身の経験をお話しする講演の機会を数多くいただいておりますが、まだまだ子どもたちのおかれている状況を多くの方に知っていただき、ともに考え、行動するまでには残念ながら至っていません。また、同じようにご自身の経験などから子どもたちを支える活動をされている皆さんも、私と同じような状況にあることを知りました。
    子どもたちを支え守れる社会を実現するために、多くの方に「知り」「考え」ていただき、そしてともに行動していただけることを望んでいます。
    その第一歩として、私のチャレンジを応援していただけることを期待してます。
    応援してくださる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!
    それが、「+Action」の第一歩です。
    応援よろしくお願いします。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    takahata

    チーム情報

    チーム名:+Action for Children

    チームの合計金額:¥3,000

    チームの参加人数:1人

    チームの寄付件数:1件

    寄付先の団体情報

    Plus Action for Children

    http://www.plus-afc.com/

    子どもたちを支える活動をサポートします。「知る(Know)」、「考える(Think)」機会として啓発活動を、「行動する(+Action)」ことの後押しとしてチャリティイベントを行います。

    団体活動: +Action for Childrenの活動

    チャレンジャーがPlus Action for Childrenを選んだ理由

    子どもたちのことを「知り」、「考え」、子どもたちのために「行動」する、「+Action for Children」を立ち上げました。
    「+Action for Children」は、子どもたちを支える活動をしている人々をサポートします。また、そのサポート活動を通じて、子どもたちのことを「知り」、「考え」そして、「行動(Action)」する人材育成を図ります。