JapanGiving > チャレンジを支援する > FMヨコハマ「The Burn」井手大介...

FMヨコハマ「The Burn」井手大介が自転車レースで被災地支援!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。

目標の寄付金額は100,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • FMヨコハマ(84.7mhz)で毎週土曜日朝5時から8時まで放送中のアウトドア番組
    The Burn」のチャレンジページへようこそ!
    DJの井手大介です。
    僕達の番組The Burnでは、僕や番組スタッフ、そして番組リスナーを「マンゴー隊」と呼んで、
    サークル感覚で様々なアウトドアスポーツにチャレンジしています。
    今回、僕達のチャレンジが東日本大震災の被災地支援に役立てば…と思い、
    被災地でのボランティア支援を行っている
    『オンザロード/東日本大震災 災害支援プロジェクト』への寄付を集めるために、
    チャレンジを行います。

    【今回のチャレンジ内容について】
    2011年6月12日(日)、山梨県で行われる、
    富士山5合目までを自転車で登るレース「Mt.富士ヒルクライム」で、
    「自己ベスト(1時間56分)更新」を目指します!
     
    【チャレンジのハードル】
    富士山のふもと:北麓公園から富士スバルラインを通って富士山5合目まで
    距離にして24km、標高差にして1255mを自転車で登る
    日本最大級のヒルクライムレース「Mt.富士ヒルクライム」。
    僕、井手大介は、過去4回チャレンジしていて、
    今までのベストタイムは、一昨年の記録「1時間56分」です。
    30代半ばになり、体力の衰えも感じつつある中、
    今回は、愛車「キラークイーン号」(GIANTのロードレーサーTCR)の大幅なチューンナップはしません。
    約2時間ひたすら上り坂という厳しいレースで、
    自分との闘いになりますが、
    ペダルの一漕ぎ一漕ぎ、被災者支援の気持ちを込めながら頑張ります。
     
    【レース結果】
    たくさんの寄付ありがとうございます。
    皆さんの期待を受けて、本番レースを終えて戻ってきました。
    結果は…残念ながらベスト更新できず、2時間9分という記録でした。
    応援して、寄付していただいた皆さんには、申し訳ありせん!
    それでも、僕たちのがんばりを認めてくださる方は、ぜひ寄付をお願いします!
     
    【お願い】
    アナタからの応援の寄付が、ベストタイム更新への心の支え&いい意味でのプレッシャーになります。
    応援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!
    (また、チャレンジが成功した時の「ご祝儀寄付」も頂けるようにがんばります!)
     
    【チーム「マンゴー隊」について】
    Mt.富士ヒルクライムにチャレンジする番組スタッフや、番組リスナーも
    同じマンゴー隊としてチャレンジページを作っています。
    そちらもぜひ応援よろしくお願いします。
    また、レースに出場する方で、マンゴー隊としてチャレンジしたい方からの連絡もお待ちしています。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    井手大介

    チーム情報

    チーム名:ザバーン「マンゴー隊」

    チームの合計金額:¥26,800

    チームの参加人数:2人

    チームの寄付件数:22件

    寄付先の団体情報

    オンザロード/東日本大震災 災害支援プロジェクト

    https://otr.or.jp

    NPOオンザロードは、世界各国で経済的•社会的な理由により学校に通えない子どもたちのためにフリースクールを作ることから始まった団体です。 2011年3月11日の東日本大震災を受け、ただちに支援活動を開始し、合計延べ1,6000人のボランティアを被災地に送り出しました。 2012年も引続き宮城県石巻市では仮設住宅や地域の活性化などに繋がる生活支援と、元気トリップや石巻元気商店による経済支援、そして福島県では子どもが安全に遊べるインドア型複合スポーツ施設建築プロジェクトなどの復興支援活動を行っております。

    団体活動: オンザロード/東日本大震災 災害支援プロジェクトの活動

    チャレンジャーがオンザロード/東日本大震災 災害支援プロジェクトを選んだ理由

    東日本大震災で被災された地域のいち早い復興を願って。また、被災地で活動するボランティアの方々の支援のため。