JapanGiving > チャレンジを支援する > 節約生活で、エイズ孤児支援をします。

節約生活で、エイズ孤児支援をします。


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • アンドゥのチャレンジページへようこそ!

    私は、『エイズ孤児支援NGO・PLAS』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    援先団体は、私が選びました。

    【いま、知っていただきたいこと】
    エイズ孤児をご存知ですか?
    エイズ孤児とは乱暴な言い方をすれば「エイズで両親を亡くした子ども」です。彼らは幼く、その小さな身体に多くの苦しみと孤独を背負っています。
    彼らのことを少しでも知ってくれたら嬉しいです。

    【目標金額でできること】
    学校建設ができます。
    エイズ孤児たちの多くは、差別や偏見、また諸々の事情により学校に通学することが困難な状況にあります。そのような現状を好転させるために は、子どもたちに学びの場を提供する必要があります。なぜなら教育は多くのものを得られるからです。そのための資金として私のチャレンジ資金を使って欲し いです。

    【アンドゥの自己紹介】
    NPOサポートセンターの「NPOスタッフ養成研修科」に通う31歳。遅くきた青春を謳歌してます。

    【今回のチャレンジ内容について】
    本日6/15(水)から一日、1000円で生活します。※但し医療費は除きます

    【チャレンジのハードル】
    私にとってこのチャレンジは困難なものと言わざるおえません。まず、私はこれまで節約ということをしたことがありません。さらに私は自炊を したこともありません。よって、何をどうすればよいのか全くの未知なのです。これを困難と言わずしてなんと言いましょうか。よって、ハードルは高いです。

    【私の経験】
    チャレンジは初めてです。緊張してます。

    【私からのお願い】
    私のチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。
    援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    応援よろしくお願いします。

    • 子ども
    • 途上国
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    2

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    アンドゥ

    チーム情報

    ウガンダに学校をつくろう!に参加中

    寄付先の団体情報

    エイズ孤児支援NGO・PLAS

    http://www.plas-aids.org/

    PLASは、「エイズ孤児を支えることができる地域づくり」という方針の下、エイズ孤児が継続的にサポートされる社会の形成を目指し活動しています。現在はウガンダ共和国、ケニア共和国の2ヶ国で現地団体と共に活動しており、エイズ孤児が多く通う小学校を中心に、エイズ孤児の就学サポートや学校建設、農業事業、エイズ啓発などを行っています。

    団体活動: エイズ孤児支援NGO・PLASの活動

    チャレンジャーがエイズ孤児支援NGO・PLASを選んだ理由

    エイズ孤児を少しでも助けることが出来たらと思い、選びました。