JapanGiving > チャレンジを支援する > 世界一過酷といわれる3本のフットレースへ...
  • 被災者
  • コミュニティー
  • NPO・NGO

世界一過酷といわれる3本のフットレースへのチャレンジで被災地支援

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は3,000,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • club MY☆STARランニングチーム代表 岩本能史
    それぞれが世界一過酷と謳われるフットレースを80日間で全レース完走を目指します。
    ☆7月11日~ BADWATER (アメリカ 217km)
    ☆9月11日~ TOR DES GIANT (イタリア 330km)
    ☆9月30日~ スパルタスロン (ギリシャ 246km)
     
    走ること、速いことはすごいことではあるけれど、決して偉いことではありません。
    ひとが走ることでひとのためになることは残念ながら、そう多くはないと思っています。
     
    僕にとってのレースは仕事であり、趣味であり、道楽でもあります。 しかし、今回の被災地支援をかけたこのチャレンジは初めて僕以外のひとの為になるチャレンジとなります。 皆さま、ぜひ応援をよろしくお願いします。
     
    7月に行われるBADWATER (217km) はカリフォルニア州デスバレー(死の谷)で行われます。 世界一気温が高くなることで知られるこのBADWATERは標高マイナス86m。ゴールは217km先の全米最高峰ホイットニー山の中腹です。昨年はスタート段階で気温が52℃に達し、42時間かけやっとゴールにたどり着きました。今回2度目の挑戦となります。30時間以内での完走が目標です。
     
    9月11日からのTOR DES GIANT (330km) はイタリアの山岳レースです。総上昇標高は2万4000メートル。レース中に富士山を6個半昇る計算になります。制限時間は150時間。今回が初めての挑戦のため、どのようなレースになるのかまったく予想できません。究極の状況下での自分自身の変化を知ることが楽しみでもあります。
     
    9月30日から始まるスパルタスロン (246km) はギリシャのアテネからスパルタまでを36時間以内に走らなければならない平均完走率4割弱の難易度の高いレースです。昼は40℃近く、夜は0℃位まで気温変動があり、コースには2つの山岳超えがあります。今回が9回目の挑戦で、過去の最高位は2003年の6位(27時間23分)です。TOR DES GIANTからわずかな間隔しかなく、厳しいレースが予測されますが、最後尾でもいいので時間内完走を果たしたいと思います。
     
    以上3レースはそれぞれが世界一過酷と謳う3大レースです。
    このレースのすべてを完走したレーサーは現在いません。
    単一年度に3レース完走を果たすため、少々無茶なスケジュールですが挑戦してこようと思っています。
     
    岩本を、ではなく被災地のひと達を応援するつもりで皆さんのご協力をお願いしたいと思います。
    僕も皆さんのその気持ちと共に海の向こうの過酷なレースに対峙してきます。
    よろしくお願いします。
     

    http://blog-nob.jugem.jp/

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    寄付先の団体情報

    CIVIC FORCE

    http://www.civic-force.org/

    国内外のあらゆる被災者のニーズに応えられるよう、被災者一人ひとりの視点を最大限重視し、企業・行政・地域とも連携し、かつてないスピードで質の高い支援を提供します。

    団体活動: CIVIC FORCEの活動

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    チャレンジャーがCIVIC FORCEを選んだ理由

    多くの自治体では、いまだ善意による義援金の分配がなされないままだと聞きます。

    CIVIC FORCEは、より必要なところへ必要な分を的確なタイミングで有効活用している団体です。

    最適な支援先だと判断しました。