JapanGiving > チャレンジを支援する > 大崎本社から釜石まで531kmを3カ月で...
  • コミュニティー
  • 芸術・スポーツ

大崎本社から釜石まで531kmを3カ月で歩きます【羽矢惇】

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は500,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 10月23日(日)、釜石陸上競技場(松倉グランド)にて、釜石シーウェイブスRFCジュニアの子供たちと手をつないで、531キロ完歩達成のゴールテープを切りました。私のチャレンジを応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。私の次は、当社の山田常務(環境ソリューション事業部長)がバトンを受け継いで、釜石復興のために、新たなチャレンジを開始いたします。釜石シーウェイブスは、東京ガス戦に34対19と大勝し、ますます勢いに乗っています。引き続き、皆さまのご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    新日鉄住金エンジGr 認証済み

    寄付先の団体情報

    釜石シーウェイブスRFC

    V7栄光の新日鐵釜石ラグビー部を継ぎ、2001年にラグビー地域スポーツクラブを結成。ボランティアが主体のクラブ運営の目的はチーム強化と地域のラグビー普及育成と振興活動。チームはジャパンラグビートップリーグの下部イーストリーグに参戦し、トップリーグへの昇格と日本一の奪還を目標にする。子どもから大人までのラグビー指導や交流を行い、地域スポーツ振興をはかっている。

    団体活動: 釜石シーウェイブスRFCの活動

    チャレンジャーが釜石シーウェイブスRFCを選んだ理由

    私は新日鉄時代に、企業の業績に左右されずに永続する形として、地域密着型スポーツクラブへの移行に携わりました。新日鉄釜石ラグビー部は「釜石シーウェイブス」として生まれ変わり、現在多くの地元の方々からサポートされています。今回の大震災に際しても彼らの活躍は釜石復興のシンボルです。地域とともに釜石製鉄所が力強く復興し、釜石シーウェイブスが今シーズン大活躍することを心から祈念しています。