JapanGiving > チャレンジを支援する > 毎週チャイケモブログを更新する。
  • 子ども
  • 医療

毎週チャイケモブログを更新する。

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。

目標の寄付金額は100,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 楠木重範のチャレンジページへようこそ!

    私は、『チャイルド・ケモ・ハウス』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    援先団体は、私が選びました。

    【いま、知っていただきたいこと】
    小児がんは子どもの病死の原因の第1位です。誰もがなる可能性がある病気です。一方で治癒率は7-8割です。そして15-35歳の700-900人に1人は、小児がん経験者です。小児がんについての正しい知識をもっともっと知ってほしいです。

    【楠木重範の自己紹介】

    チャイケモ理事長です。
    【今回のチャレンジ内容について】
    地道に支援の輪を広げたい。

    【私の経験】
    小児科医として日々子どもと過ごしていると、なんとか子どもたちには笑っていてほしいと思います。そして、この国における子どもの優先順位の低さを実感します。

    【私からのお願い】
    私のチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。
    援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    応援よろしくお願いします。
     


    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    楠木重範

    寄付先の団体情報

    チャイルド・ケモ・ハウス

    http://www.kemohouse.jp/

    わずか2坪の空間。小児がんの子どもたちは、この狭い空間で半年以上、病と闘いながら、心身ともに成長しなくてはなりません。チャイルド・ケモ・ハウスでは、小児がんになったすべての子どもたちが、笑顔で家族と共に治療を進めることができる環境作りを目指し、小児がん治療中の子どもたちと、その家族の Quality Of Life(生活の質)に配慮した、日本で初めての専門施設設立に向けて活動しています。

    団体活動: チャイルド・ケモ・ハウスの活動

    チャレンジャーがチャイルド・ケモ・ハウスを選んだ理由

    小児がんの子どもと家族にって理想の施設をまず1つ、寄付で創ろう。社会が子どもを支える一つの象徴として!