JapanGiving > チャレンジを支援する > 沖縄・辺野古。サンゴ礁の海を守ろう!
  • 社会環境
  • コミュニティー
  • 自然

沖縄・辺野古。サンゴ礁の海を守ろう!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は1,000,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 沖縄・辺野古の海からのSOS!

    大浦湾の辺野古では、現在普天間基地移設作業が進められています。県の許可した区域外で海中に投下されていた多数の巨大なコンクリートブロックがサンゴを傷つけていることがわかりました。ずさんな作業で辺野古のサンゴ礁を破壊し、これ以上豊かな生態系を損なわないために、政府交渉や科学的調査を進める資金が必要です。ぜひ皆様方のご支援をお願いいたします!

    沖縄・辺野古のサンゴ礁の海を守る活動に、応援をお願いします!

    今回、サンゴの損傷が確認されたのは、県の許可が出された海域の外側の場所です。地元のダイバーらが、少なくとも7カ所でサンゴが傷つけられていることを確認しました。国はコンクリートブロックの投下を、今後、合わせて75カ所で行う予定にしています。

    日本自然保護協会では、2000年に普天間飛行場の代替施設の移転先として辺野古が候補となって以降、一貫してこの地への移設に反対し、豊かなサンゴ礁環境やジュゴンの餌場となり、漁業資源のゆりかごとなる藻場を保全することを提案してきました。これまでの、日本自然保護協会の辺野古・大浦湾の海の保全活動はこちらから
    http://www.nacsj.or.jp/katsudo/henoko/ 

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    日本自然保護協会

    寄付先の団体情報

    日本自然保護協会

    http://www.nacsj.or.jp/

    日本自然保護協会の目標は、生物多様性(くらしをささえる豊かな自然)を守ること。自然のちからで明日をひらく社会を目指し、政策提言・運動・環境教育・調査研究で課題解決に取り組んでいます。約2万人の日本各地の会員・ボランティアの皆さんと知恵と力を合わせ、全国各地の現場で活動しています。

    団体活動: 日本自然保護協会の活動

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    チャレンジャーが日本自然保護協会を選んだ理由

    日本自然保護協会(NACS-J)では、全国の海岸植物群落や沖縄沿岸の海草藻場・サンゴ礁で地域の方たちとともに調査を続けてきました。また、各地の研究者、市民グループと、海辺を守っていくしくみづくりを進めています。