JapanGiving > チャレンジを支援する > 今年も継続的に走り続けます!
  • エネルギー
  • 自然
  • 途上国

今年も継続的に走り続けます!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は421,950円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 「2011年10月30日に、大阪マラソンでフルマラソンにチャレンジします!」
    みなさんの応援のおかげで無事完走できました!
    最後つらくて、歩きたい!と思う自分の心と戦うために、
    胸元につけたJFSのバッジを握りしめて走りました。
    これからもJFSも私も走り続けていきます。
    どうぞこれからも応援・ご支援をよろしくお願いします!
    本当にありがとうございました。

    枝廣淳子
     
    -枝廣淳子からのメッセージとお願い-
     
    昨年度、誕生日にハーフマラソン&初フルマラソンで、日本の持続可能な社会に
    向けての情報を英語で世界に届けているNGOジャパン・フォー・サステナビリティ
    の活動資金への寄付をいただきました。おかげさまで、昨年度は何とか赤字にな
    らずに運営することができました(マラソン寄付金がなければ赤字でした、、、)

    今年度はふだんの活動に加えて、3月11日の大震災後、日本の被災や復旧、原発
    やエネルギー政策をめぐる状況を、できるだけ伝えるなど、「今の時代だからこ
    そ、必要な役目」を果たすべく、スタッフ・ボランティアさんの力を結集して、
    がんばっています。

    それでも、経済状況の悪化や企業の震災後の緊急対応の必要性などから、活動資
    金が十分に確保できていない状態です。

    ということで、ぜひみなさんのお力をお借りしたく、今年も走ります!
    今年から始まる大阪マラソンの第1回は、当選倍率が約6倍だったそうですが、
    出場権をいただくことができました。(いつもくじ運が悪いので、本当にラッキー
    でした!)

    この幸運をJFSの活動継続につなげたく、楽しく無理なく、最後は歩いたとして
    もゴールまでたどりつきたいと思っています。(JFSの活動もそのようにしたい
    と思ってきましたし、そうしてきました、、、)

    どうぞ応援して下さい!
    よろしくお願いいたします。

    枝廣淳子

    ★応援してくれる皆さんは、この下の『このチャレンジに寄付する』の赤いボタンをクリックしてください。
    応援よろしくお願いいたします。  

    ※ご注意:
    こちらに書き込み・寄付をされても、JFS事務局にご本人のデータが届くことはありません。
    個人情報をJFSにお知らせされたい場合は、寄付を行われた後、
    お手数ですが、書き込みアカウントをご明記の上、別途、メールにてお知らせくださいませ。
    E-mail:info@japanfs.org








    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    JFS事務局

    寄付先の団体情報

    ジャパン・フォー・サステナビリティ / Japan for Sustainability

    http://www.japanfs.org/ja/

    日本における多様な環境への取り組み、知恵、思想を海外のあらゆるステークホルダーに積極的に発信することで、世界を持続可能な方向へ向けることに、日本がより主体的に寄与することを目指します。今後は日本の活動の質をさらに高め、アジアとも連携することで、コミュニケーションをグローバルに発展、進化させていきます。

    団体活動: 日本の、持続可能な未来に向けたさまざまな取り組みや変化の兆しを世界に届けます

    チャレンジャーがジャパン・フォー・サステナビリティ / Japan for Sustainabilityを選んだ理由

    ジャパン・フォー・サステナビリティは、日本から世界191ヶ国に向けて、サステナブルな社会を実現するために、各地でがんばっている人たちを応援する意味も込めて、環境情報発信活動を行っています。日・英語で発信している情報は約3,500件、子ども向けのサイトも始まりました。継続的な活動を行っていくために、ぜひ、応援してください!