JapanGiving > チャレンジを支援する > 震災復興と釜石SWを応援する気持ちを込め...

震災復興と釜石SWを応援する気持ちを込めた歌を製作します【山田良介】


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • 私のチャレンジを応援してくれた皆様、ありがとうございました。 震災復興支援を、釜石シーウェイブス(SW)というラグビーチームの支援 という間接的な形で行うことに疑問がある方もいたのでは思います。 ただ、ご承知の方も多いのですが、SWの選手や関係者は震災直後から 積極的に被災者支援にあたり、シーズン入ってからは「復興に向けた希望の星」になるよう 誓いをたて、奮闘してくれたと思います。 秩父宮になびく大漁旗は地元の期待の表れでもありました。私自身、 SWの存在感を改めて認識した次第です。 音楽を作ったり歌を歌ったりするのは、所詮私の趣味ですが、こういう 形でやると結構プレッシャーもありました。正月休みは「専念」して 取り組みました。思っていたよりは上手くできたかなとも思いますが 3月21日のイベントで皆さんに楽しんでもらえた(?)ことは、なに よりも嬉しかったことです。 最後になりましたが、今回のチャレンジを支えてくれた3WやV7戦士他 関係者のみなさんにも、改めて御礼申し上げます。                            山田良介

    • コミュニティー
    • 芸術・スポーツ
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    終了しています
    93

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    新日鉄住金エンジGr 認証済み

    寄付先の団体情報

    釜石シーウェイブスRFC

    V7栄光の新日鐵釜石ラグビー部を継ぎ、2001年にラグビー地域スポーツクラブを結成。ボランティアが主体のクラブ運営の目的はチーム強化と地域のラグビー普及育成と振興活動。チームはジャパンラグビートップリーグの下部イーストリーグに参戦し、トップリーグへの昇格と日本一の奪還を目標にする。子どもから大人までのラグビー指導や交流を行い、地域スポーツ振興をはかっている。

    団体活動: 釜石シーウェイブスRFCの活動

    チャレンジャーが釜石シーウェイブスRFCを選んだ理由

    釜石SWは、多くのスポンサーやサポーターが被災する苦境の中で、復興への希望や元気の象徴的存在となるため、シーズンを全力で戦っています。当社Gr.の社会貢献テーマの中で、若手グループ主唱で復興支援・釜石SW支援があげられ、これを受け、リードオフマンとして羽矢相談役が、東京-釜石間の歩破を達成されました。このバトンを受け継ぎ、震災復興のため、SWの活躍を祈って、小職が挑戦を行います。