JapanGiving > チャレンジを支援する > ボランティアを被災地へ送り出す!『伝綱』...

ボランティアを被災地へ送り出す!『伝綱』プロジェクト


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • 世界の子供たちを守るために立ち上がったサンタクロースです! 
    私は、『エイズ孤児支援NGO・PLAS』への寄付を集めるために、チャレンジを行います!
      
      エイズ孤児支援NGO・PLASは、東アフリカのケニア・ウガンダのエイズで親を失った子どもたち、
    エイズ孤児を支援しています。アフリカのエイズ孤児たちは、悲しみや周囲の差別で困難に直面しながらも、
    前向きに力強く生きています。そんな子どもたちの笑顔を、応援していきたい!と、このチャレンジを始めました。
      現在プラスでは「冬の募金」を募集しております。
      今回プラススタッフのジャストギビングで集まった寄付は全額、冬の募金としてエイズ孤児の支援にあてさせていただ きます。
      支援を通じてエイズ孤児が笑顔でいられる社会作っていきたいと思っています。
      プラスでは、スタッフと一緒にエイズ孤児支援を行っていただけるチャレンジャーも募集しております。
      ご協力お願いいたします。
     

     【伝綱 ~今、私にできること~】
     2011年12月23日~25日にかけて行った、「2人のサンタのほっこりプロジェクト」をもとに、2012年2月と3月に  報告会をおこないます。
      その報告会を通じて、一人でも多くの若者に被災地へとボランティアに行ってもらうことを目的としています。
      ※伝綱(つたえづな)・・・メッセージや活動を『伝え』、行動を起こすまでを『繋げ』、被災地と若者との『繋がり』を、一つの『綱』のようにしていく
    【スケジュール】
    ・1月末までに・・・映像制作2本、HP作成
    ・2月(会場探し中)、3月(BAR 変幻自在にて)イベント
    ・3月以降にボランティアツアー(ワークキャンプ)企画??
     【チャレンジ報告方法】
      twitterFacebook、現在開設中のブログ。活動時は、定期的に私と友人のサイトにアップしていきます。
     
     
     
      何もない平凡な男が、このようなことをしているということを知っていただければ幸いです。
    もしも、もしも、私の活動に少しでも共感していただけるのならば、
    この活動をあなた自身のブログ、twitter、facebook等でとり上げていただければと思います。
      そして、是非『このチャレンジに寄付する』のクリックをして下さい!
      応援宜しくお願いいたします!
     
    ↓↓↓↓以下は過去の活動です↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      【二人のサンタの『ほっこり』プロジェクト ~写真で繋げる、被災地の記憶~】
    被災者の方々に少しでも「ほっこり」していただければと思い、
    私は友人(ひと月前にボランティア活動で出会った)と二人で、2011年の12月23日~25日に車でボランティアをしに東北に赴きます。
    また、被災地のことをいつまでも忘れないために、私たちの活動をカタチにして残していき、
    その情報を伝えていければと思います。
      
    【内容】
    ①二人でサンタクロースの格好をして、仮設住宅などを周り
    子どもたちやその家族にささやかなクリスマスプレゼントを届けてまわります
    ②3日間にわたり、被災地でのクリスマスの様子を取材し、それを「了解の範囲内」で世界中に発信していきます。
    内容は、被災地の方が伝えたいこと。今私たちに何ができるのかを再認識させるきっかけになるもの。 
     
    【スケジュール】
    23日 宮城県登米市 サマリタンズ・パースさん、教会の方と協力し、被災地をキャロリングしながらプレゼントを配る。その後、陸前高田市へ。
    24日  釜石市で被災者の方に 南三陸町で町長とインタビュー。
    25日 福島県いわき市 「東日本大震災の子ども達へクリスマスプロジェクト」に参加 。

    • 子ども
    • 途上国
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    終了しています
    4

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    こばっち

    寄付先の団体情報

    エイズ孤児支援NGO・PLAS

    http://www.plas-aids.org/

    PLASは、「エイズ孤児を支えることができる地域づくり」という方針の下、エイズ孤児が継続的にサポートされる社会の形成を目指し活動しています。現在はウガンダ共和国、ケニア共和国の2ヶ国で現地団体と共に活動しており、エイズ孤児が多く通う小学校を中心に、エイズ孤児の就学サポートや学校建設、農業事業、エイズ啓発などを行っています。

    団体活動: エイズ孤児支援NGO・PLASの活動

    チャレンジャーがエイズ孤児支援NGO・PLASを選んだ理由

    私が現在インターンを通して支援させていただいている団体です。団体のメンバー全員が『アフリカのエイズ孤児』のために、熱い思いのもと活動しています。私はその熱意に共感し、彼らを支援していこうと思いました。彼らはエイズ孤児の問題だけでなく、東北復興の支援も団体と個人レベルで活動しています。彼らを応援することが、私の目標への一歩目になっています。