JapanGiving > チャレンジを支援する > 火災で燃え散った「学び舎」を復興します
  • 子ども
  • 社会環境

火災で燃え散った「学び舎」を復興します

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は3,000,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • kkudoのチャレンジページへようこそ!

    日本最小規模のNPO立「侍学園」が炎上しました。
    ---NPO法人侍学園スクオーラ・今人復興義援金のお願い---
    NPO法人「育て上げ」ネット理事長の工藤です。
    本日は、日本最小規模にして、最高の「学びの場」を
    長野県上田市にて若者に提供する、
    NPO法人侍学園スクオーラ・今人復興義援金のお願いです。
    昨日、14時頃、火の気のない場所から火の手があがり、
    日本最小規模NPO立の「侍学園」が炎上しました。
    私は朝一番で現地にかけつけ、その悲惨な現状と
    代表長岡さんを含む、若きスタッフ陣の茫然自失した
    姿を目の当たりにしてきました。
    写真
    http://www.sodateage.net/delivery/samugaku.pdf
    にありますように、子どもや若者の大切な「学びの場」
    である教室は焼失し、屋根瓦がフロアに散乱しています。
    思い出の写真は燃え、学びを支えた教科書は灰となり、
    そして、学生と教員を支え続けた数々の道具は見るも無残に
    原型を留めていませんでした。
    教員という立場を捨て、自らの人生/命を懸けて創り上げた
    学校。それを支えた代表長岡氏の元教え子たち。
    日本の未来を支える若人に成長の機会、居場所、もう一つの
    自宅。7年の歳月を費やした「新しい公共」はほんの
    一瞬で消え去ったのです。
    代表の長岡さんは言いました
    「朝起きた時、夢の出来事だと思った。でも、これは
     現実だった。7年かけて築いたNPO立学校を
     また一から創っていく」
    この言葉は決意表明ではありますが、私は少し違うと思います。
    学校というハードは一から、いや、マイナスから創って
    いかなければなりませんが、彼ら/彼女らが築いたひとの
    つながりや、生徒、保護者との絆は振り出しには戻っていない。
    だから、一からではなく、”いまから”なのです。
    私は、ここに「NPO法人侍学園すくオーラ・今人復興義援金」
    事務局を設立致します。私個人と、代表を務めさせていただく
    NPO法人「育て上げ」ネットで、上田市に花咲いた学び舎の
    再興の手助けをしたい。
    無事であった生徒は学びの途中です。復興への資金のみならず
    新しい学び舎の確保、焼失した物品。目の前から消えたものは
    数多くとも、彼ら/彼女らが積み上げた、目に見えない魂は
    残っています。
    この魂、想い、経験、そして何よりも日本社会をよくして
    いきたいという彼らの人生を懸けた「志」に対して、
    皆様のご協力を賜れれば幸いです。
    義援金のみならず、何らかのメディア媒体を活用できる
    方がございましたら、ぜひ、当該義援金事業の情報の
    拡散にもご協力ください。
    何卒、よろしくお願い申し上げます。
    http://bit.ly/aTNHmt
    NPO法人「育て上げ」ネット
    理事長 工藤 啓

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    侍学園 スクオーラ・今人

    http://www.samugaku.com/

    全年齢を対象とした民間の教育施設で、若年者の自立支援を主な目的として活動しています。 「ひきこもり」や「ニート」など、様々な事情によって社会で自立した生き方を選択できない人が増加するなか、「基本的な生きるチカラ」を手に入れるため自ら学び共に育むという「共育」を理念にしています。

    団体活動: 侍学園 スクオーラ・今人の活動

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    チャレンジャーが侍学園 スクオーラ・今人を選んだ理由

    回避が難しい災害。自己責任でもない。
    しかし、失われたものは「建物」ではなく
    日本社会の未来であったかもしれない。

    再建には大きな労力が必要です。
    長野県上田市に咲いた「学び舎」の復興を
    自助努力だけで終わらせないため
    当チャレンジを立ち上げました。