JapanGiving > チャレンジを支援する > 一次産業を、かっこよくて・感動があって・...
  • 社会環境
  • 経済
  • NPO・NGO

一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は200,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 都心で働く農家のこせがれの帰農を支援して、ニッポンの農業を元気にすることにチャレンジします。

    僕は小さな養豚農家のこせがれとしてこの世に生を受けました。
    親父の後を継ぐ気は全くありませんでした。カッコイイ業界で起業したいという漠然とした思いを持って就職。起業を志して様々な勉強をするうちに農業の問題点に気づき、この問題を解決して農業界を変革することが、この時代に農家のこせがれとして生まれてきた自分の天命かも知れない。そんなある種の勘違いから実家に戻って親父の後を継いで養豚農家になりました。

    小さな農家の生きる道は、自分たちの想いを直接お客さんに伝えることだと考えて、生産者が自ら焼いてお客さんに食べて頂くBBQを開催しました。すると、想いに共感してくれる方が増えてクチコミでお客さんが増えていきました。吹けば飛ぶような零細農家でしたが、お陰様で家族でやっていけるようになりました。

    ここまでくれば通常は規模拡大を考えます。
    でも、これからの時代、規模の拡大というのは必ずしも正解ではないのではと考えるようになりました。家族で同じ夢を持って農業をする。ゆったりとした自然の中で幸せな生活。
    農業は家族経営が一つの理想だと考えるようになりました。

    するとBBQに、「実は私の実家も農家なんです。」という方が参加していることに気づきました。
    彼ら彼女らは、とても悩んでいます。農家の高齢化が進むと共に、「後を継ぐべきなのか」と嫌でも考えます。


    調べてみると、農業者の平均年齢は65.8歳です。やめる人が多く、農業者数も急速に減っています。一方で、都心には農業に関心を持ちはじめた実家が農家の方(農家のこせがれ)が増えています。できることなら実家に戻って農業を始めたいけど、親父さんからは「もう、農業はダメだから都会で働け」と言われている。周りに相談できる人はいない。

    僕は彼ら彼女らに農業の魅力を伝えたいと思うようになりました。
    みやじ豚のように零細でもやり方によっては生計もたつ。若くてチャレンジ精神旺盛な仲間が増えれば、閉塞感漂う農業界もきっと元気になる。
    都心でビジネスの経験を積んだ農家のこせがれが、実家に戻って農業を始める。僕自身の経験からも、これこそが日本の農業界の閉塞感を打破する一番の方法だと確信しました。現場から変わるはず。

    都心で働く農家のこせがれの帰農を支援する。
    それは、農家のこせがれであること、都心で働いていた経験、実家の農業経営を立て直した経験、仲間づくりの大切さを知っていることが大切だと思いました。

    この取り組みの旗振り役は僕にしかできない。
    またも、「これこそ自分の天命」という想いから、農家のこせがれネットワークを設立しました。


    農家のこせがれの帰農を支援するためには、全国の若手農業者の成功モデルと、都心に農業について考えて実践できる場が必要だと考えて3年間活動してきました。

    全国各地に仲間は増え、都心にはある程度プラットフォームと呼べる機能を用意してきました。

    ただ、

    これが答えなのか正直わからないのです。

    本当にこの取り組みで、農家のこせがれの帰農を促すことができるのだろうか。

    本当にこの取り組みで、農業界の閉塞感は打破できるのか。

    これまで誰も取り組んだことのない活動だからどこにも答えがない。
    僕達も日々悩みながら、でも現状は「これが答えだ!」と信念を持って活動しています。


    おそらく、農業について強い想いを持っている僕達だけが考えて行動していても未来は変わらないのだと思います。「食べる」という行為は人間誰しもが行います。そして、家族や気のおけない仲間と一緒においしいものを「食べる」のは人生最高の楽しみでもあります。

    だからこそ、僕達だけでなくもっと多くの方に、少しでもいいから農業に関わって頂きたいという思いがでてきました。だけど、農業界との接点は都心で生活しているとなかなかありません。そして、農業は暗いニュースが多いです。だから、近づきがたいのではと感じています。

    そうしたイメージを払拭して、みんなが楽しく農業との接点を持てる場を用意していきたいと考えています。

    ご支援頂ければ嬉しいです。


    ※このチャレンジページよりいただいた皆さまの寄付は、社会イノベーター公志園運営事務局を通じて、こちらのページのチャレンジャーに引き渡されます。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    宮治勇輔

    寄付先の団体情報

    社会イノベーター公志園運営事務局(NPO法人ISL社会イノベーションセンター)

    http://koshien-online.jp/

    社会イノベーター公志園は、時代が求める社会全体のリーダーの発掘、育成、支援を通じて、現状を打破し、未来を創り出す「人」とその「行動」への声援と賞賛を送り、行動を心から支援する装置(プラットフォーム)を日本に構築します。

    団体活動: 社会イノベーター公志園運営事務局(NPO法人ISL社会イノベーションセンター)の活動