JapanGiving > チャレンジを支援する > OTO 第0回(忍野 to 奥多摩 約9...
  • 被災者
  • 教育
  • 途上国

OTO 第0回(忍野 to 奥多摩 約90km 約24時間走)

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は120,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 現在、私は、『オックスファム・ジャパン』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。支援先団体は、私が選びました。

    【今回のチャレンジ内容について】
    2012年4月28日から29日にかけて、できれば24時間内、遅くとも30時間内を目標に山梨県忍野村から東京都の五日市に向けて、山中を走ります。
    90km余り、累積標高差は5600mに及び、UTMFには及びませんが、ハセツネやSTYを遥かに凌ぐ厳しさです。オックスファムのトレイルウォーカーに近いですが、トレイル比率は95%以上になります。
     
    ルートと大まかな時間設定は以下の通りです。
    10:30 ホテルマウント富士 出発 → 11:30 大平山 → 12:30 石割山 → 13:00 道志村トレイルへ → 17:00 道志道の駅 着 → 18:00 道志道の駅 出発  →  20:00 菜畑山  →  21:00 赤鞍ガ岳  →  23:00 二十六夜山  →  24:00 尾崎集落  → 1:00 新大地峠出会  →  3:30 上野原  →  5:30 陣馬山  →  7:00 醍醐丸  →  8:30 市道山  →  11:30 武蔵五日市
     
    この企画は、トレイルラン仲間で昨年ハセツネに一緒に参加したyukiさん(ツィッターでは@tsubuyuki)が企画したものです。藤野のN崎さんがレースディレクターをしていたり、関わりがあるレース(忍野、道志、キタタン、上野原、陣馬、ハセツネなど)に多く参加しているyukiさんが、それら全てを結んだトレイルを走破したいということで企画しました。ちょうどその時に急病で入院していらしたN崎さんの病気回復祈念という意味もあったということです。

    UTMFのSTYが静岡to山梨、、私のETKが江戸to神流であるように、奥多摩と忍野を結ぶのでOTOと命名しました。最初は奥多摩発だったのですが、累積標高差が7000mを遥かに超えることが判り忍野出発にしルートも少し変更しました。
     
    【まんもの自己紹介】
    ツイッターアカウントは@koji_watanabe、ジョグノートは「まんも」、mixiは「マンモ」、「まんもストーク」というブログ(http://oikos.weblogs.jp/mammut/)をたまに書きます。
    ボーイスカウト出身の53歳のオヤジです。東京でエンタメ&IT系の仕事をしています。最近の趣味はランニングで、50になってからトレイルやロードを走り始めました。トレイルレースでは最後尾を走ることが多く、怪我人やエネルギー切れの人に遭遇しますので「エイド系ランナー」と称しています。たまに視覚障害者の方の伴走も行います。
    私は幸いなことに、戦争、飢餓、貧困、暴力などと無縁に、健康で安全・快適に走れています。あり難いことですね。
    自分の活動が、誰かの役に立てるということほど嬉しいことはありませんので、自分の足や自転車など、身体を使って楽しむことが人の役に立てればいいなということで、チャレンジグなテーマを作っては寄付を募っています。
    走るのも仕事も遅く、意思も薄弱で、レースのときなどすぐに止める言い訳を見つけ、諦めてしまいます。皆さんに寄付をいただければ、止めるに止められなくなりますので、是非応援お願いします。

    【今回のチャレンジ仲間】
    企画者の@tsubuyukiさん、私@koji_watanabe、@Okiek317さん(女性)、M好きさん(女性)、べいだお/@chunzhen23さん。全員か少なくとも4名がチャレンジします。

    【チャレンジのハードル】
    主に登山道を走り(歩き)ますが、トイレ、水場、山小屋、避難小屋などが少ないルートです。何箇所か電気の通った集落に降り、商店などもありますが、深夜であることが多いので、エスケープが難しかったり、サポートを得るのが難しい場合が多いでしょう。途中の道志村、尾崎集落からはバスの便も殆どありません。
    また道迷いの危険性もありますし、ビバークするケースなども想定されます。
    当然サポートもエイドステーションもなく、水や食料、装備は自分で背負って行くことになります。

    【類似のチャレンジ経験】
    昨年は「ETK=Edo to Kanna」(群馬県の神流町と東京を川沿いに結ぶ160km、自転車による1人ブルベ)を行い、記念Tシャツを作りチャリティ販売しました。東日本大震災支援のため、オックスファムに寄付しました。
    JustGivingでの経験はこれが初めてです。
     
    【私からのお願い】

    昨晩2012年4月25日夜に詳細が決まったという、慌しいチャレンジです。
    実行までに時間がありませんが、応援してもらえれば嬉しいです。
    援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!
     
    経過は、電波が入るところであれば、ツイッターで誰かがつぶやくと思います。@koji_watanabe、@tsubuyukiさんをフォローしていただくか、#OTOのハッシュタグをつけますので見てみてください。
     
    応援よろしくお願いします!!
     
     






    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    まんも

    チーム情報

    チーム名:OTO 実行委員会

    チームの合計金額:¥42,000

    チームの参加人数:1人

    チームの寄付件数:12件

    寄付先の団体情報

    オックスファム・ジャパン

    http://www.oxfam.jp/

    オックスファムは1942年にイギリスのオックスフォードで設立され、世界90カ国以上で活動する国際協力団体です。世界17の国・地域に拠点を置き、貧困を克服しようとする人びとを支援し、貧困を生み出す状況を変えるために活動しています。オックスファム・ジャパンは2003年に設立され、アドボカシー(政策提言)・キャンペーン、長期開発支援、緊急人道支援、国内啓発事業を通して、貧困のない世界の実現を目指します。

    団体活動: オックスファム・ジャパンの活動

    チャレンジャーがオックスファム・ジャパンを選んだ理由

    山梨県忍野と奥多摩を結ぶ90km余りの山道を、4~5名の仲間が力をあわせ、概ね30時間以内に走り抜けるという長距離トレイルラン(トレイルウォーク)のチャレンジ内容が、オックスファムのトレイルウォーカーのコンセプトに極めて近いものだから