JapanGiving > チャレンジを支援する > 42.195キロをタスキでつないで、5時...
  • 子ども
  • 被災者
  • 教育

42.195キロをタスキでつないで、5時間以内で完走を目指します!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。

目標の寄付金額は25,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • iwasakiのチャレンジページへようこそ!

    私は、『一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    援先団体は、私が選びました。

    【いま、知っていただきたいこと】
    東日本大震災が起きてから一年半以上がたち、復興へと少しずつ進んでいる被災地ですが、今もなお、子どもたちは震災時の心のショックで多くの深い傷を負っています。それは、実際に子どもたちとボランティアで面談をした際に感じることです。失ったものを前のようにすべて戻すことはできないけれど、せめて今までできていた、震災で家庭の経済面で厳しくて出来なくなってしまった大好きな習い事(サッカーだったり、ピアノだったり、将来のために頑張って勉強していた塾など)を多くの子どもたちがこれまで通り続けることができるよう、支援が必要です。
    【目標金額でできること】
    被災した子どもたちの学びの機会(学校外の塾やそろばん、ピアノなどの様々な学び)を保障することができます。

    【iwasakiの自己紹介】
    Chance for Childrenで子どもたちのサポートをしている大学生ボランティアで、リレーマラソンに出場するメンバーの一人です。

    【今回のチャレンジ内容について】
    Chance for Childrenで子どもたちのサポートをしている、「被災した子どもたちを支えたい」という同じ志を持って様々な大学から集まっている大学生ボランティアの有志メンバーで、42.195キロの距離を「すべての子どもに機会を。すべての子どもに夢を。」という共通のスローガンを胸にタスキでつなぎ、5時間以内の完走を目指します。

    【チャレンジのハードル】
    42.195キロは、とても長いです。タスキをつないで走るといっても、一人でも止まってしまえば、みんなの思いが詰まったタスキが途切れてしまうという、個人個人で走るのはもちろんですが、それとは違ったプレッシャーがかかります。今回走るメンバーのほとんどが、陸上初心者です。様々な大学から集まっているということもあり、一緒に練習する機会が十分に取れていないなかで本番に臨むのは緊張しますが、心を一つにがんばります!応援をよろしくおねがいします。

    【私の経験】

    【私からのお願い】
    私たちのチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。
    援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    応援よろしくお願いします。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    iwasaki

    寄付先の団体情報

    チャンス・フォー・チルドレン

    http://cfc.or.jp/

    東日本大震災で被災した子どもたちに対して、塾や習いごとなどの学校外教育機関で利用できる学校外教育バウチャー(クーポン)を提供します。大学生ボランティアが、支援を受けている子どもたちのお兄さん・お姉さんとして、定期的に学習や進路等に関する相談にのり、子どもたちをサポートしています。

    団体活動: 東日本大震災で被災した子どもたちに学びの機会を!

    チャレンジャーがチャンス・フォー・チルドレンを選んだ理由

    東日本大震災をうけて、今も苦しんでいる子どもたちへ少しでも力になりたいという思いからこの団体を選びました。この団体が掲げているスローガンのように、「すべての子どもに機会を。すべての子どもに夢を。」が実現できるように、応援します。