JapanGiving > チャレンジを支援する > 5月19日ホノルルトライアスロン、今年も...

5月19日ホノルルトライアスロン、今年もNPO支援を掲げて頑張ります!


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • ★(2013/4/21更新)
    初期の目標金額(10万円)に到達しましたので、30万円に引きあげさせていただきました。応援ありがとうございます。頑張ります!
    ---
    今年もJustGivingを活用してチャレンジすることになりました。
    今回の支援先は「放課後NPOアフタースクール」です。
    彼らは、日本の子どものたち、特に小学生の放課後の過ごし方に焦点をあてています。
    「時間・空間・仲間」の3つの「間」が放課後からなくなり、
    現代の子どもたちは非常に限定された窮屈な放課後を過ごしています。
    確かに公園で子どもの元気な姿を見ることが少なくなりました。
    多くの子どもは1人で過ごしたり、部屋でゲームや塾で放課後を過ごしているそうです。
    データを見ても、日本の子どもたちの
    「自己肯定感」「チャレンジ意欲」は世界最低レベルだそうです。
    これはとても気になる問題です。
    彼らはそれを「市民先生」という概念で、
    地域を巻き込んだ子育てを実現することで解決しようとしています。
    自分もひとりの市民として出来ることを考え、
    まずはJustGivingのチャレンジで彼らを応援したいと思っております。
    日本の子どもたちを元気にするために、
    まずは5月19日、ホノルルトライアスロンを一生懸命頑張りますので、
    皆様、どうぞ応援ください!!
    古田敦也

    • 子ども
    • 社会環境
    • コミュニティー
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    26

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    古田敦也 認証済み

    寄付先の団体情報

    放課後NPOアフタースクール

    http://www.npoafterschool.org/

    放課後の小学校を活用し、安心安全な預かりと市民先生による豊かな体験プログラムが両立する施設を運営しています。 体験プログラムは、「衣・食・住」を中心に「スポーツ・音楽・文化・学び・遊び・表現」といった内容をテーマに開催し、 今日までに300種類以上のプログラムを実施してきました。 延べ参加人数は3万人以上。アフタースクールの仕組みを全国へ展開すべく、日々活動しています。

    団体活動: 放課後NPOアフタースクールの活動

    チャレンジャーが放課後NPOアフタースクールを選んだ理由

    JustGiving Award2013のセレモニー上、放課後NPOアフタースクール代表の平岩君に会って、活動内容に共感しました。応援しています。