JapanGiving > チャレンジを支援する > 24日間チャレンジ!貧困課題を抱える子ど...
  • 子ども
  • 社会環境
  • コミュニティー

24日間チャレンジ!貧困課題を抱える子どもに「当たり前」を過ごせる場を作ります!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は100,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • うめちゃんのチャレンジページへようこそ!

    私は、『山科醍醐こどものひろば』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    援先団体は、私が選びました。

    【いま、知っていただきたいこと】

    「おれのゆめはせいかつほごをもらっていきていくこと!」
    笑顔で語った将来の夢。
    「しね!うざいんじゃ!ころすぞ!」
    寝言で叫び、寝ている間も何かと戦う姿。

    そんな子どもたちと出会い、一緒に勉強をしたり、ごはんを食べたり、銭湯に行ったり…特別なことはしない。ただ楽しく話しながら、生活をともに過ごしてきました。(子どもの貧困対策事業)

    「当り前」のことが当たり前でない子どもたちがいます。

    ある日活動に参加していたもーちゃんが言ったこと
    「うめちゃん、なんかわからないけどあったかいよ。あずけられてるんだと思ったけど、かぞくみたいで、ここはたのしいよ。」
    気付くと夢の中でも、叫ぶことはなくなりました。バリアを張ってずっと戦ってたんだね。苦しかったね。

    「当たり前」を過ごすことで、子どもはきっと変わります。
     
    【今回のチャレンジ内容について】
    2013年7月2日~新たな地域で、子どもの貧困対策事業を展開します。
    大学生から社会人2年目まで、サポート役だった私。今回は責任者として自分で作る側になります。
    6月中に、立ち上げ準備をします!みなさまのあたたかいお力をください!

    *立ち上げる活動*
    中3勉強会→生活保護世帯の中学生の勉強をサポートする活動
    ひとり親家庭支援→ひとりで夜を過ごさなければならない家庭の子どもと、夕食・入浴・家庭学習・余暇を過ごす活動
     
    【目標金額でできること】
    10人の子どもたちが1ヶ月間、ボランティアの支えで活動に参加することができます。

    【うめちゃんの自己紹介】
    大学2回生のころに、NPO法人山科醍醐こどものひろばに出会う。卒業後、子どもの貧困対策事業の職員となる。

    【私からのお願い】
    私のチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。
    援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    応援よろしくお願いします。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    うめちゃん

    寄付先の団体情報

    山科醍醐こどものひろば

    http://www.kodohiro.com/

    https://fields.canpan.info/organization/detail/1412614412

    団体活動: 山科醍醐こどものひろばの活動