JapanGiving > チャレンジを支援する > 長生きな鳥たちに息の長い応援を!(スポン...
  • コミュニティー
  • 自然
  • 動物

長生きな鳥たちに息の長い応援を!(スポンサー制度)

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は480,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • TSUBASAのスポンサー制度「グループS」の公式チャレンジです。
    (レスキュー団体TSUBASAの施設で暮らす高齢鳥の治療費などに充てられます)
    飼い主様のもういない、あるいは一緒には暮らせない新しい家族を待つ鳥達を応援します!

     【いま、知っていただきたいこと】
    TSUBASAは、日本に唯一の飼い鳥専門保護団体です。
    施設にはたくさんの高齢鳥が暮らしています。
    鳥の寿命は、長いと50年からそれ以上あることもあります。
    人と同じで高齢鳥は、内臓が弱っていたりケアが必要で一生薬を飲み続ける事も多いそうです。
    現在、TSUBASAでは定期的な応援をしてくださる皆様の力を必要としています。て
     
    【目標金額でできること】
    TSUBASA最高齢鳥オールド(推定50歳)の5年間分の治療費を目標の数字にしました。
    (オールドは、4年以上薬を飲み続けています)
    他にも、一生薬を飲み続ける高齢鳥がいます。
    オールドだけではなく、そうした鳥のケアで支援金は活用します。
    目標を達成しても継続したい、10年20年先も長生きしてもらいたいとスタッフは意気込んでいます)

    【スポンサー制度S特典】
    3000円以上のご支援で、毎月、高齢鳥の様子をお写真でお伝えします。
    詳しくは以下、URLをご確認ください。
    http://ameblo.jp/tsubasa0615/entry-11522320897.html
    --------------------------------------------------
     
    以下は、今回のチャレンジにご賛同いただきました「タローのお父さん」からのメッセージです。
    タローのお父さんは、高齢鳥タローを手放すことになりましたが、
    今でも大切に想い、そして陰ながら応援してくださっています。
     
    【TSUBASAのスポンサー制度「グループS」チャレンジを応援します。】
     実家で40年以上に渡り家族の心の癒しに尽くしてくれたのが、キエリボウシインコのタローでした。
    飼い主の父も母も高齢になり認知症気味でもあり、だんだんタローの世話が出来なくなってきました。
    事情がありどうしても飼うことが難しくなり、今回TSUBASAにお世話になることになりました。
    当時はワシントン条約などなく簡単に譲り受けてきたそうですが、今ではこの条約の登録が必要となり
    悪戦苦闘して登録票をもらうことが出来ました。
     
    言葉や歌を教えていると興味を持ったのか食べるのを止めて、可愛い小首を傾けて聞いていました。
    今回の別れがどれだけ辛かったは言葉では言い表せません。
     
    少しでも思い出を残そうと写真、動画、音声を記録しました。その時この様な別れが待っているとは
    タローは知る由もなく相変わらず得意の歌を歌ったり食事のおねだりをしていました。
    タローの今後をどうするか考えていた時に様々な事情で飼えなくなった鳥さん達を、大事に世話してくれる
    施設「TSUBASA」をネットで知りました。
    早速、見学に行き施設の内容や飼育方法の説明を受けました。
    そこで今後のタローを安心して、お願いできると確信しました。
    タローに今までの感謝を表す何か良い方法がないか、考えた末、タローをTSUBASAに連れて
    行った時にタロー宛ての感謝状を作り持参させました。
    将来良い里親さんが見つかった時に前の飼い主がどれだけタローを愛しているか分かって
    頂けたらとの思いからでした。

    【私からのお願い】
    長生きする鳥さん達が少しでも幸せに暮らせるように皆さんの応援をよろしくお願いします。
    特に大型インコは人間と同じ寿命ということを十分に分かった上で飼うことを決めてください。
    単に可愛いからと言うだけで決めないでください。
    まずは飼う環境が大切です。マンションや住宅密集地での飼育には鳴き声の問題があります。
    大きな声を出すのは大型インコの習性です。
    本来インコは集団生活する中で伴侶や子供たちとの交信でこの大声は役に立つそうです。
    そういう習性を理解してあげてください。
    又、飼い主の方は自分の代だけでなくお子さん達にも将来を託してください。
    その為には子供たちも今から一緒に鳥さんの世話をして仲良くしておいてください。
    きっと将来の飼育に役に立つはずです。
    私からの自戒を込めてお願いします。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    ぽぽ

    寄付先の団体情報

    NPO法人TSUBASA

    http://www.tsubasa.ne.jp/

    様々な理由から飼い主さんと一緒に暮らすことができなくなった インコ・オウム・フィンチを保護し 新たな里親さんを探す活動を行っています。 飼い主さんと愛鳥さんが終生、幸せで健康に暮らせるよう 飼い鳥の適正な飼養に関する情報の提供 学びの場を日本全国で展開しています。

    団体活動: NPO法人TSUBASAの活動

    チャレンジャーがNPO法人TSUBASAを選んだ理由

    長生きする鳥さん達が少しでも幸せに暮らせるように皆さんの応援をよろしくお願いします。