JapanGiving > チャレンジを支援する > 子供たちを放射能汚染から守るプロジェクト

子供たちを放射能汚染から守るプロジェクト


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • 「脱被曝」という環境を目指して・・・・・。
    2011年3月11日の東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故に由来する放射性物質は、東日本全域に降り注ぎました。
    私達は、この事故の責任は、私達を含める全ての大人にあると考えています。
    でも、その影響は、チェルノブイリ原子力発電所の事故の例を見るまでも無く、何の責任もない子供達に現れます。
    起こってしまった事故は元には戻せません。
    今、3.11を大人として迎えた者の責任として、全部では出来なくても、せめて自分達の出来る事をしていきたい。
    もし、しことでも放射能の影響ょ少なく出来るなら、
    もし、少しでも解らない状況を見えるようにしていけるなら、
    もし、少しでも子供達に安全な環境を取り戻してあげられるなら。

    私達の活動は、本当に微力です。
    でも、何もしないわけにはいかない。
    R.I.Laは、2年前に一人のメンバーが空間線量計を購入したことからスタートしました。
    それから2年間、私達は市内の通学路、公園などの子供達が毎日使用する場所を初めとして、周辺で取れる農作物や食品、市内を流れる河川等の放射線測定、市民の方たちを対象にした放射能教室の開催などの活動を行ってきました。
    そして今年から、多摩川の河口、江戸川の河口を含む東京湾奥の魚類や貝類の放射線調査プロジェクトをスタートさせます。
    今年の5月18日、私達はNPO法人になるための設立総会を経て、正式にNPO法人化に向けて東京都に認証申請を行っています。
    でも、法人になっても私達の思いは変わりません。
    出来る事を少しずつ、目の前にあることに全力を投じて。
    私達の活動を応援してください。

    • 子ども
    • 社会環境
    • 自然
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    1

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    chikapapa

    寄付先の団体情報

    特定非営利活動法人R.I.La

    http://rilabo.com

    主に東京都及び周辺の地域に対して、放射線調査事業並びに除染事業、及び放射能に関する教育事業を行い、放射線による住民の健康被害の防止と、放射線調査による現状の正しい情報の収得並びに放射線防護対策についての適切な知識の収得が出来る環境を提供することを目的と致します。

    団体活動: 特定非営利活動法人R.I.Laの活動

    チャレンジャーが特定非営利活動法人R.I.Laを選んだ理由

    東京都多摩エリアを中心として、環境放射線の測定と勉強会の開催を中心に活動しているR.I.La。現在NPO法人の認証申請中です。ぜひR.I.Laの活動を応援してください。