JapanGiving > チャレンジを支援する > 被災地の子供たちを「日本プロサッカー選手...
  • 子ども
  • 被災者
  • 芸術・スポーツ

被災地の子供たちを「日本プロサッカー選手会 チャリティーサッカー」に招待したい!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は2,500,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 日本プロサッカー選手会 会長 佐藤寿人です。

    被災地の復興の力になりたいという選手達の思いで始めた「JPFAチャリティーサッカー」を、今年もサッカーファミリーが総力をあげてユアテックスタジアム仙台で開催します。

    震災から約2年8ヶ月が経過し、少しずつ世の中の支援の意識が薄まる中、我々サッカー選手としてできることを継続して行動し、支援の輪を少しでも広げたいと思っています。

    今年は、12月28日にチャリティーマッチを仙台で開催します。その前日に、多くの子供たちに夢や希望を届けるために、選手たちは岩手、宮城、福島に分かれ、ふれあい活動を行います。

    今回は、被災地の子供たちをチャリティーマッチに招待する為に寄付を集めます。ご協力お願いいたします。

    サッカーの力で日本を元気に!

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    JPFA 認証済み

    寄付先の団体情報

    日本プロサッカー選手会

    プロサッカー選手の立場で活動し発言する組織として、1996年4月にJリーグ選手協会が設立されました。 その後、2010年11月に日本プロサッカー選手会と名称を変更し、Jリーグでプレーする日本人選手だけでなく海外のプロサッカークラブに所属する選手も加入し、日本のプロサッカー選手を代表する組織として生まれ変わりました。 選手の地位向上に関する問題への取り組みのみならず、全国各地でのサッカークリニックや各種チャリティー活動など、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。 今年も「日本プロサッカー選手会 チャリティーサッカー2014」を開催し、東北でのふれあい活動、ユアテックスタジアム仙台でのチャリティーマッチを実施します。

    団体活動: 日本プロサッカー選手会の活動

    チャレンジャーが日本プロサッカー選手会を選んだ理由

    今年も12月28日(土)ユアテックスタジアム仙台で「日本プロサッカー選手会 チャリティーサッカー2013」を開催します。国内外の日本人プレーヤーが集結し、熱い思いをプレーで表現させていただきます。12月27日には被災地を訪問し、子供たちとサッカーを通じて楽しいひと時を過ごすことができれば嬉しい限りです。