JapanGiving > チャレンジを支援する > 青森ワンストップコミュニティカフェ構想を...
  • 子ども
  • 社会環境
  • 人権

青森ワンストップコミュニティカフェ構想を応援しよう!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

目標の寄付金額は500,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • おかっちのチャレンジページへようこそ!

    私は、『レイプクライシス・ネットワーク』への寄付を集めるために、チャレンジを行います。
    援先団体は、私が選びました。

    【いま、知っていただきたいこと】
    いろんな困難に直面したとき、助けてくれる場所。
    それはもちろん全ての人に等しくあって欲しいものだけれども、現状として支援期間は首都圏に集中してしまったり、地方在住の人は「地域の目」の中で自分自身の困りごとについて話をする、助けてという機会が少ないという現状があります。
    RC-NETが今回の取り組みでやりたいことは、支援の地域間格差解消の第一歩。街中で、役所でもなく、個人でもなく、何かあったときには気軽に立ち寄れる場所。そして、何かあったときには、助けになれる場所を創りたいんです。


    【目標金額でできること】
    4月下旬には、青森市にコミュニティカフェ&バー&スペースが開店します。
    その中で、通常営業だけではなく、性暴力被害/セクシュアル・マイノリティ/母子家庭/貧困について等の研修や、地域の方が参加できるイベント、当事者の集まりや勉強会などを随時開催します。また、毎日の電話相談も受付けます(一部有料になりますが、面接相談も開始します)
    それらは、通常営業とは別で、すべて無償でやり、広く門戸を開くことにしました。
    まずは知ってもらわなきゃはじまらない。多くの人に、応援してもらえる場所にしたいのです。
    そうした初年度の運用資金を、今回の目標金額でやらせてもらえたらと思っています。

    【おかっちの自己紹介】

    RC-NETの代表。今回の事業の総合コーディネーターです。

    【今回のチャレンジ内容について】
    東京から拠点を移し、青森でコミュニティカフェをオープンさせること!!
    あぁ!不安!!
    でも、やりきります!!

    【チャレンジのハードル】
    改装費用の工面。
    青森での人材や諸資源の協力のおねがい。
    楽しい場所にすること!


    【私からのお願い】
    私のチャレンジを楽しんで応援してもらえれば嬉しいです。
    援してくれる皆さんは、『このチャレンジに寄付する』をクリックしてください!

    応援よろしくお願いします。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付を集めるチャレンジャーの情報

    おかっち

    寄付先の団体情報

    レイプクライシス・ネットワーク

    http://rc-net.info

    性暴力サバイバー及びその周囲の人たちのための情報支援を始め、自助グループ運営、生活相談や同行支援などを軸として当事者団体として2010年から活動開始。 性暴力サバイブに関する社会的啓発事業として、啓発用資材としてグッズの制作や研修用資材作成、執筆、講演、研修、イベント企画等をしています。

    団体活動: レイプクライシス・ネットワークの活動

    チャレンジャーがレイプクライシス・ネットワークを選んだ理由

    青森で、性暴力サバイバーやセクシュアル・マイノリティ、母子家庭や貧困家庭の方の居場所創りのための準備をしています。なんとか軌道に乗るまで、みなさんのご支援が必要です。