JapanGiving > チャレンジを支援する > 初フルマラソンを完走し、若年無業(ニート...

初フルマラソンを完走し、若年無業(ニート)・ひきこもり状態の若者を応援したい!


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • Y.Maekawaのチャレンジページへようこそ!

    私は、10月26日に開催される大阪マラソン2014を走って「初フルマラソン完走」にチャレンジし、若者の就労を支援するNPO法人育て上げネットへの寄付を集めます!

    若者を取り巻く社会課題を多くの方に知って頂き、解決に導きたい。そんな想いを込めて走ります。

    ※写真は宮城県石巻市の漁業支援ボランティアで、ジョジョ好きの漁師さん(左)と。
     ご寄付はお断りいたしません。m(__)m

    若者と社会をつなぐ - NPO法人育て上げネット

    ひきこもり・ニートと呼ばれる若者たち。彼ら、彼女らは、働くことに対する不安、人間関係を築くことへの苦手意識を持ち、将来に対して希望を見出せない環境に苦しんでいます。

    働くことができない状況はとてもくるしいこと。働くことで得られるのは、経済的自立だけではなく、誰かの役に立つ充実感、自分を支えられる自信など、お金と同じくらい大切なものなのではないでしょうか。

    育て上げネットは、Vision《すべての若者が社会的所属を獲得し「働く」と「働き続ける」を実現できる社会》Mission《若者と社会をつなぐ》を理念とし、若者支援に取り組んでいます。

    (育て上げネットFacebookページより引用)

    未来を担う若者の支援は社会投資 - いくらあれば何ができる?

    若者のために、たとえば10,000円でできること
    ・20人の若者が職業人から仕事の話を聞くことができます
    ・3人ほどの若者が一日仕事体験をすることができます
    ・1人の若者が3泊4日程度の合宿に参加することができます
    ・1人の若者が臨床心理士の相談を2~3回受けることができます

    育て上げネットは、若年無業者(ニート)やひきこもり状態などの、働きたいけれど働けずにいる若者の自立を目指し、就労訓練・ジョブトレを運営しています。そして「未来を担う若者への支援は社会投資」と考え、ご寄付を経済的に困窮した若者が自己負担なくジョブトレ等の支援プログラムを利用できることを目的とした《若者就労応援パッケージ》に活用しています。

    ▼若者就労応援パッケージとは?
    ttp://www.sodateage.net/investment/#package

    前川泰徳(Y.Maekawa)の自己紹介

    ライフワークは 「若者支援」 と 「東北応援」。

    14年間、テレビ番組の制作現場に勤務し、2011年の震災を機に
    NPOの世界へ足を踏み入れました。
    育て上げネットで広報を担当、若者の支援に取り組んでいます。

    今回のチャレンジで、自団体にとどまらない「若者問題の啓発」
    クラウドファンディングを活用した「チャリティ文化の普及」に
    貢献することができればと考えております。

    このチャレンジを応援しようと思ってくださった方は、
    ぜひ若者たちの未来への“ご投資”をお願いいたします。
    皆様の若者問題へのご理解とご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

    より良い社会を創る為にー 前川 泰徳 Twitter @sodateage_mae

    • 子ども
    • 教育
    • 経済
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    終了しています
    14

    寄付先の団体情報

    認定NPO法人 育て上げネット

    http://www.sodateage.net

    私達は、若年無業者(ニート)やひきこもり状態などの、働きたいけれど働けずにいる若者の自立を目指し《就労訓練・ジョブトレ》を運営しています。《母親の会・結(ゆい)》ではその家族を孤立させない活動に取り組んでいます。また、困窮家庭の子どもたちに学習機会の提供なども行っている団体です。

    団体活動: 就労訓練・ジョブトレを運営しています。困窮家庭の子どもたちに学習機会の提供なども行います。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    チャレンジャーが認定NPO法人 育て上げネットを選んだ理由

    NPO法人育て上げネットのVision「すべての若者が社会的所属を獲得し『働く』と『働き続ける』を実現できる社会」。若者を取り巻く社会課題を多くの方に知って頂き、解決に導きたい。そんな想いを込めて走る為、支援先団体に選びました。