JapanGiving > チャレンジを支援する > 熊本へ支援を1日でも早く!~平成28年熊...

熊本へ支援を1日でも早く!~平成28年熊本地震支援金~

4月22日 小規模避難所へ下着を配送

2016 年 04 月 23 日 17:11

村上世彰
村上世彰
物資が届きにくい小規模避難所を中心に、3台の2トントラックで肌着や靴下などを避難者の方々に届けました。今回、配った物資は、グンゼ、トリンプ、GUの下着や靴下などで、物資を受け取った避難者の方の中には「発災から着の身着のまま避難して以来、やっと着替えることができる」と涙を流して喜んでいた方もいました。

企業ボランティアとの協働

配布にあたっては、21日に現地入りしたYahoo!のボランティアチームが、公民館や保育園、幼稚園、老人介護施設などをリスト化し、各施設に電話して避難者の有無や人数、肌着のニーズをヒアリング。その結果を施設マップの情報に落とし込んで効率良くまわれる配送ルートを決定しました。この間、約1時間半、迅速な対応のおかげで、約1万枚の肌着や下着を配布することができました。
また、物資を保管する倉庫は益城町にある三共リース(株)熊本支部の協力で、無償で使わせていただいています。現場ではオイシックス(株)のスタッフや、地球市民の会と未来創造基金のスタッフの方々が、ボランティアとして活動を支えてくれています。

※CIVIC FORCE のホームページより転載
http://www.civic-force.org/news/news-1656.php