JapanGiving > チャレンジを支援する > 熊本県被災者支援。

熊本県被災者支援。

4/23 物資支援

2016 年 04 月 24 日 22:37

熊本助け隊
熊本助け隊
現地状況の把握、避難所への物資支援

現地状況の把握、避難所への物資支援

被災地の方へ僅かながら私財にて物資をお届けしてきました。

というのも、現地のニーズや状況が解らなかったので

余りに本格的にやっても帰って迷惑をかけてはいけないと思ったからです。

現地では地震で瓦が落ちたり、屋根から雨漏り等が出たのでしょうか、

あちこちの家にブルーシートが掛けられていました。

また支援物資を持っていく途中の道にもあちこちにひび割れや起伏が・・

(車載カメラの画像です。)

当初、南阿蘇の小学校を目指して行ったのですが、

小学校に付くと、そこは救援部隊の拠点となっていて、

避難者の方は隣の市の避難所に移られたということだったので

隣の避難所の方へ向かいました。

避難所には数百人の方が避難されていて

物資も既に大量に搬入されていました。

本当は個人からの持ち込みは遠慮されているらしいのですが、(私の調査不足です。)

私が県外から持ってきたという事で、近くの別の避難所で受け入れをして頂ける事に

なりました。感謝します。

こちらの避難所では十分な物資が有りましたが、この時点では物資が足りている所と

足りていない所での差が激しいとの事でした。

ツイッターやマスコミで報道された場所には翌日から大量に物資が届いたそうですが、

物資が足りない事を伝える手段が無い人もいらっしゃいます。

今回、私はそういった方々を見つけることが出来ませんでした。

また、菊池市の方では水道が復旧してはいるものの、

水が濁っていて飲料水としては使えないそうです。

これは他の場所でも言える事かもしれませんので

引き続き支援は継続していくべきだと思います。

また、各地でボランティアの募集も始まっており、

基本的には県内、または市内、町内での募集の様ですが、

一部では県外からのボランティアも募集している様です。

これからはGWも有りますしね。

私もGWに元々阿蘇にツーリングに行く予定をしていましたので

募集の有無にも寄りますが、今回は復旧のお手伝いをしに行きたいと思っています。

その際には必要であれば集まった資金を使用させて頂きたいと思います。

残った資金の方は全額被災者支援団体の方へ寄付をさせて頂きます。

引き続きご支援の程よろしくお願いいたします。