大阪マラソンチャリティプログラム

大阪マラソンは、独自のプログラムを掲げた"チャリティマラソン"として実施しています。

「走ることが、誰かのためになる。」

大阪マラソンでは、参加する全てのランナーをはじめ、観客の皆さん、ボランティア等、本マラソン大会に関わる多くの人に、チャリティに参画する機会を提供するなど、チャリティ文化の普及をめざしています。

走る人、支える人、応援する人など、それぞれの「カタチ」でチャリティに参加し、チャリティすることを楽しんで、大阪マラソンのチャリティを一緒に盛り上げていきたいと考えております。

チャリティランナーとして参加

第5回大阪マラソン チャリティランナー 申込方法の詳細はこちら エントリーはこちら

大阪マラソンチャリティアンバサダー

各チャリティアンバサダーを応援して寄付したい方は、チャレンジボタンをクリック!


◆チャリティアンバサダー

小渕 健太郎さん 小渕 健太郎(こぶち けんたろう)さん
ミュージシャン コブクロ

【コメント】
コブクロの小渕健太郎です。大阪マラソン2016にチャリティーアンバサダーとして参加させていただきます。今年で5回目のチャレンジになります。走る度にマラソンが好きになり、大切なライフワークとなりました。昨年、自己ベストを更新し、3:40分でフィニッシュできたのは、過去最大の練習量で臨んだのもありますが、沿道の応援の方々の熱が年々増しているというのが大きいです。長くて苦しいのがマラソンの良い所。その長さも苦しさも楽しめた時に初めて、沿道の声援が心の底まで聴こえてきます。暑い中の応援、ありがとうございます。いつも、凄いパワーをもらっています。本番に向けて練習を積み、今年も、大阪が一つになる一日を一緒に盛り上げたいと思います。目標は、目指せ完走&自己ベスト更新です!応援よろしくお願いします!

【プロフィール】
1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。1998年9月にコブクロを結成。
インディーズ時代から幅広い世代の支持を集め、2001年にメジャーデビュー。2006年に初のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」をリリースし350万枚の売り上げ。2007年リリースの「蕾(つぼみ)」が第49回日本レコード大賞を受賞。2015-2016年にかけて、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」が大ヒット。6月15日にニューアルバム『TIMELESS WORLD』をリリース。8月27日より、KOBUKURO LIVE TOUR 2016 “TIMELESS WORLD” supported by Ghana がスタート。「今、咲き誇る花たちよ」「流星」「桜」「ここにしか咲かない花」「永遠にともに」など、ヒット曲多数。「42.195km 」は大阪マラソン・公式テーマソングとして使用されている。第2回大阪マラソンチャリティランナー。第3回、第4回、第5回大阪マラソンチャリティアンバサダー。
寄付を集めているチャレンジはこちら
山中 伸弥さん 山中 伸弥(やまなか しんや)さん
京都大学iPS細胞研究所所長・教授

【コメント】
第6回大阪マラソンに参加される皆さま、京都大学iPS細胞研究所・所長の山中伸弥です。 昨年に続き、今年もチャリティアンバサダーとして、そしてランナーとして大阪マラソンに参加します。私が所長を務めるiPS細胞研究所も昨年に続き、公式寄付先団体に選ばれました。
大阪マラソンは「チャリティマラソン」でもあります。多くの皆様が、チャリティー活動にもご協力くださいますようお願い申し上げます。大阪マラソンでは、非常に素晴らしい沿道からの熱い応援を本当に楽しみにしています。今年も多くのランナーの皆様と一緒に自己新記録を目指して一生懸命走りたいと思います。ゴールを目指して一緒に頑張りましょう。

【プロフィール】
1962年大阪市生まれ。1987年に神戸大学医学部を卒業後、国立大阪病院臨床研修医として勤務。その後、大阪市立大学大学院医学研究科博士課程を経て、米国グラッドストーン研究所に留学し、その後の人工多能性幹細胞(iPS細胞)の発見へつながる研究を開始した。1997年に帰国後、大阪市立大学医学部助手、奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター助教授、教授を経て、2004年に京都大学再生医科学研究所教授に就任。2006年に世界で初めてマウスiPS細胞作製成功を発表、続いて2007年にヒトiPS細胞作製成功を発表した。2008年1月に発足した京都大学物質-細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター長に就任し、同センターの改組により、2010年4月に京都大学 iPS細胞研究所所長に就任。2012年12月ノーベル生理学・医学賞を受賞。第2回大阪マラソンチャリティサポーター。第3回、第4回、第5回大阪マラソンチャリティアンバサダー。
寄付を集めているチャレンジはこちら
中村 翫雀さん
©松竹株式会社
中村 鴈治郎(なかむら がんじろう)さん
歌舞伎俳優

【コメント】
「第6回大阪マラソン チャリティアンバサダー」として、第4回大会、第5回大会に続き参加させていただけますこと、本当に光栄に存じます。ありがとうございます。
2年がかりで行ってまいりました中村鴈治郎襲名披露興行も本年4月の「第三十二回四国こんぴら歌舞伎大芝居」を以って無事終了いたしました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と、この場をお借りし、改めて御礼申し上げます。
中村鴈治郎という大名跡の重みを改めて実感し、今まで以上に上方歌舞伎そして大阪の発展に微力ながら貢献する所存でございます。
残念ながら、マラソン当日は昨年に続き舞台出演中で参加できませんが、大会がより一層盛り上がるようアンバサダーの大役を精いっぱい務めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

【プロフィール】
昭和34年2月6日生まれ。坂田藤十郎の長男。四代目。屋号は成駒家。昭和42年11月歌舞伎座『紅梅曽我』の一萬丸で中村智太郎(ともたろう)を名乗り初舞台。平成7年1月大阪・中座『封印切』の忠兵衛他で五代目として中村翫雀を襲名。立役と女方を兼ねる幅広い芸域と明るい闊達な芸質を併せ持つ。大阪にも住まいを構え、上方歌舞伎の継承に意欲的に取り組む。
"大阪に根付く役者"らしく平成27年1月と2月大阪松竹座から中村鴈治郎襲名披露興行を開始、4月歌舞伎座、6月博多座、7月巡業東コース、9月巡業西コース、12月京都南座顔見世そして平成28年4月四国金丸座までおよそ1年半に及ぶ襲名披露興行を無事に勤める。第4回、第5回大阪マラソンチャリティアンバサダー。

寄付を集めているチャレンジはこちら
アン ミカさん アン ミカ(あん みか)さん
モデル・タレント / 初代大阪観光大使

【コメント】
第6回の大阪マラソンも引き続き、初代大阪観光大使としてチャリティアンバサダーを努めさせて頂けることを、とても嬉しく思っています。
大阪マラソンで走る景色は、私が学生時代、陸上競技の長距離選手として6年間走りながら見た、愛する大阪の景色。国際交流から得た文化を発信した、歴史ある景色を、今年も世界中から集う皆様が走り抜ける姿を見るのが楽しみです!

元気で明るく親しみやすく、パワフルな大阪の方々が応援してくれる大阪マラソンは、応援する人達も、走る皆様も、チャリティを通じて心一つになることが出来て、参加する皆が心に力を頂けると実感しました。
マラソンにチャレンジする皆の勇気と、チャリティに参加する優しい心が応援で一つになり、今年も大きな友愛の心の力の和となりますように!
皆様が笑顔で走り抜けることが出来ますよう、私もチャリティに参加し、今年も応援させて頂きます!
皆様、大阪マラソンで会えるのを楽しみにしています。

【プロフィール】
韓国出身・日本育ちのモデル/ タレント。93 年にパリコレに初参加以後、モデル業以外でも、テレビ・ラジオ出演、ジュエリー/ ファッションデザイナー、化粧品プロデュース、エッセイ執筆や講演、シンガーとしての活動など、様々な方面で活躍。世界標準マナーのEPM プロトコールアドバイザー、漢方養生指導士、ジュエリーコーディネーター、化粧品検定、NARD アロマアドバイザーなど女性を美しくする資格を持つ。初代大阪観光大使。第4回、第5回大阪マラソンチャリティアンバサダー。
寄付を集めているチャレンジはこちら
赤星 憲広さん 赤星 憲広(あかほし のりひろ)さん
野球解説者

【コメント】
今年も大阪マラソンのチャリティアンバサダーとして参加させていただく事になりました。第2回から参加させていただき、今回で5回目となります。回を追うごとに完成度があがって行くのをひしひしと感じますし、大阪が1つになって盛り上がる、大変意義深い大会になっていってる事を実感しております。「みんなでかける虹」のスローガンの元、ランナー、ボランティア、そして沿道の応援の方々がチャリティへの理解を深め、更により良き大会となることを願っております。
この素晴らしい大会のサポートをさせていただく事が私の誇りです!大会当日、みなさんの笑顔にお会いできることを楽しみにしております。

【プロフィール】
1976年4月10日生まれ、愛知県出身。2001年、阪神タイガースに入団、1年目に盗塁王と新人王を獲得。セ・リーグ記録となる5年連続盗塁王に輝き、ベストナイン2回、ゴールデン・グラブ賞6度受賞。2009年、試合中のダイビングキャッチで脊髄を損傷し、同年、現役を引退。現役時代は、盗塁した数の車椅子を病院や施設に寄贈。引退後も「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金」を設立し、社会貢献に力をそそいでいる。現在は野球解説者として活躍する一方、車いすの寄贈活動、野球界発展を目指した少年野球チーム設立など、自身のあらゆる経験を活かし、各種メディアにも出演している。2012年より、大阪マラソンの提携マラソンでもある「Ring of Red 交野市チャリティマラソン」を実行委員長として交野市と開催。2016年、第5回大会を開催し盛況を博す。2014年11月侍ジャパンのアンバサダーに就任。第2回大阪マラソンチャリティランナー。第3回、第4回、第5回大阪マラソンチャリティアンバサダー。
寄付を集めているチャレンジはこちら
ジミー大西さん ジミー大西(じみー おおにし)さん
画家

【コメント】
ジミー大西です。
前回チャリティアンバサダーとして、大阪マラソンで約5時間30分で、完走しました。
沿道の方々の応援もあり、気持ち良く走る事が出来ました。感謝の気持ちで、いっぱいです。
今年も皆様の応援に答えて、チャリティアンバサダーとして、応援の方で、励まして行きたいです。
大阪マラソンに走る方々を、目一杯、励まして行きたいと思っています。頑張れー!僕でも、完走出来たから、皆様もゴールを目指して、思い出の1日を、作って下さい。

【プロフィール】
タレントとして人気を集めるが、テレビ番組で描いた絵をきっかけに創作活動を始め、1996年芸能界を引退し画業に専念。切手・銀行通帳・CDジャケット・ポスター・ワインラベルなどのデザイン、バス・モノレール・車・世界最大級の天然ガスタンカーの外装デザイン、オブジェ・モニュメントや公共作品の制作を含め活動範囲は多岐にわたる。日本のみならず海外での展覧会や制作活動に加え、絵本の出版や子供達との共同制作イベントを実施、近年はセレクトショップや有名ブランドとコラボレーションを展開するなど独特の作風で精力的に活躍中。鮮やかな色彩と独創的な構図が魅力の作品は、各方面から高い評価と支持を得ている。
また世界最大の動画配信サイト「Netflix」にて、明石家さんまプロデュースによるジミー大西の半生を描いたドラマの制作が決定している。1999年 ブラジル・パラ州政府より文化功労賞受賞。第5回大阪マラソンチャリティアンバサダー。
寄付を集めているチャレンジはこちら
ジミー大西さん 寺川 綾(てらかわ あや)さん
ミズノスイムチーム・コーチ

【コメント】
はじめまして!寺川綾です。この度は、チャリティアンバサダーとして初めて参加させていただくことになり、大阪出身の一人として大変嬉しく思っています。私はこれまでの競泳の経験を活かし後進の育成や普及に取り組んでいます。大阪マラソンがチャリティプログラムを通じて社会貢献に寄与されている姿勢に共感を覚え、今回の大役を喜んで引き受けることにいたしました。
そして、4年後には待望の東京オリンピックを開かれます。日本が、大阪がスポーツでもっと元気になれるよう、私も一翼を担いたいと思っています。
ランナーの皆さんをはじめ、ボランティアの方々、沿道応援の方々などが一丸となって盛り上がるスポーツの祭典を楽しみにしています。
大会当日はランナーの皆さんとパワフルなエネルギーを交感できるように全力で応援いたします!

【プロフィール】
1984年生まれ。大阪府大阪市出身。ミズノ所属。専門種目は背泳ぎ。
3 歳のころから水泳を始め、高校2年生だった2001年に福岡で行われた世界水泳選手権に出場し、入賞をきっかけに一躍注目を集める。
2004 年のアテネオリンピックで200 メートル背泳ぎ8 位、2009 年の日本選手権では50 メートル、100メートル、200 メートル背泳ぎで優勝し”背泳ぎ三冠”を達成する。2012 年ロンドンオリンピック100メートル背泳ぎでは58 秒83 の日本新記録ならびにアジア記録で銅メダルを獲得。また、2013 年の世界水泳バルセロナでは女子4×100 メートルメドレーリレーで58 秒70 の記録を樹立し日本新記録を更新した。
2013 年競技活動から卒業し、水泳の普及と後進の指導にあたっている。
寄付を集めているチャレンジはこちら

大阪マラソンチャリティランナー