JapanGiving > NPO活動を支援する > 生きものの楽園を新幹線開発から守りたい・...
  • 社会環境
  • コミュニティー
  • 自然
  •  

生きものの楽園を新幹線開発から守りたい・・・

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
14

  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 未来の子どもたちのために残したい貴重な自然

    国際的にも重要な場所としてラムサール条約にも登録され、3000種類もの生きものが暮らす福井県の中池見湿地で、北陸新幹線の開発計画が進んでいます。

    未来の子どもたちのためにも、この場所を何としても守りたい。
    あなたのご寄付で私たちの活動を支えてください。

    昔は地元集落で田んぼとして利用されていた。現在は敦賀市が所有

    中池見湿地は豊かな水環境の多様性で、 生き物の多様性も豊か

    2014年4月9日ラムサール条約事務局長らが中池見湿地を視察

    世界的な保護地域である希少な湿地環境を破壊しないために

    福井県敦賀市の「中池見湿地」はその湿地の希少性と豊かな生物多様性により、2012年7月に世界的な保護区であるラムサール条約の登録湿地として認定されました。また、2011年12月には越前加賀海岸国定公園に編入され法的にも保全されています。
    しかし、2012年6月に認可された北陸新幹線の新たな計画路線図が8月に公表され、条約登録湿地内を路線が貫通する計画であることが明らかとなりました。この建設計画を実行することは湿地の保全にとって重大な影響を及ぼします。

    日本自然保護協会では、地元の住民やNPO、様々な研究者と協力しながら、事業者である鉄道・運輸機構にこの計画の変更を求める活動を続けています。
    事業者が進めている環境影響調査を地元関係者に十分説明するよう求めるとともに、研究者と協力してその調査結果を科学的に検証し、計画の変更を求めた交渉を続けています。
    また国際的な保護地域の開発は国際問題にもなることから、国やラムサール条約事務局、国際自然保護連合等にも強く働きかけを続けています。

    あなたのご寄付で、ぜひこの活動を支えてください。

    この問題を広く社会に広め、世論を動かし、粘り強く交渉を進めていくためには皆様からのご支援が不可欠です。

    詳しい活動状況は、日本自然保護協会のウェブサイトをご覧ください。
    【中池見湿地の保全】
    http://www.nacsj.or.jp/katsudo/nakaikemi/ 
    【事務局日誌・スタッフブログ】
    http://www.nacsj.or.jp/cgi-bin/mt/mt-search.cgi?search=%E4%B8%AD%E6%B1%A0%E8%A6%8B&IncludeBlogs=87&limit=20 

    予算使途の内訳

    目標金額 100万円
    ・福井県中池見湿地での調査・交渉・発表の場づくりのための交通費、人件費
    ・湿地の生物多様性の保全を求めるキャンペーン資料の作成費
    ・国際的な問題であることを国内外にPRするための、国際シンポジウムの開催(2014年秋を予定)

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付先の団体情報

    日本自然保護協会

    http://www.nacsj.or.jp/

    日本自然保護協会の目標は、生物多様性(くらしをささえる豊かな自然)を守ること。自然のちからで明日をひらく社会を目指し、政策提言・運動・環境教育・調査研究で課題解決に取り組んでいます。約2万人の日本各地の会員・ボランティアの皆さんと知恵と力を合わせ、全国各地の現場で活動しています。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    500寄付によるギフト

    感謝のphotoメッセージ

    中池見湿地の美しい風景や生きものたちの写真画像とスタッフからの感謝メールをお送りします。

    現在の寄付人数 : 2

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2014/04/14 13:37 ~