JapanGiving > NPO活動を支援する > "SCOTTSBORO GIRLS"チャ...
  • 社会環境
  • 人権
  • 国際平和

"SCOTTSBORO GIRLS"チャレンジを応援~慰安婦問題の常識を覆すため世界へ発信

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
終了しています
147

目標の寄付金額は5,000,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 10分のダイジェスト映像ご覧ください!・・・・SCOTTSBORO GIRLS Exclusive Trailer

    【企画趣旨のご説明】
    慰安婦問題の主戦場は、今や米国です。スコッツボロガールズプロジェクトは、慰安婦問題の常識を根底から覆す188分の迫真のドキュメンタリーを米国国内でDVD販売流通していくことです。日本国の名誉をかけた戦いに道が開けます。作品の根底に流れるのはFILM-MAKER 谷山氏が創り出す「マイケル・ムーア真っ青のユーモア」です。そのセンスは、難しいことが嫌いなアメリカ人のハートにじわりと染み渡っていくこと請け合いです。効果的なのは日本政府が難しい顔をして言うことではなく、日本国民自らが米国感情に寄り添って「慰安婦問題の真実」を語っていくこうした“柔らかい手法”です。我々は、スコッツボロガールズプロジェクトを応援することで、日本の名誉を回復していく「プラットフォーム」を立案いたしました。ご協力いただけるお一人お一人からの篤志(ご寄付)は、少額であっても構いません。むしろ、より大勢の「日本国民」の方にご参画賜り、末永く関心を持っていただくことを願っております。(企画立案:三宅眞)

    櫻井よしこさん産経新聞での紹介を受けて

    Good morning Typhoon Japan! It's very windy here in Tokyo today, so pls be careful everyone. Btw, my coming film "SCOTTSBORO GIRLS" has been introduced by a prominent journalist Yoshiko Sakurai on today's Sankei Newspaper. It is a big honor, indeed. おはようございます。光栄にも、櫻井よしこさんに、映画「スコッツボロー ガールズ」を取り上げて頂きました。今日の産経新聞の第一面です。朝日は、今すぐ解約し、まずは産経立ち読みよろしくお願いします m(_ _)m!

    谷山雄二朗氏FACEBOOK(10月6日投稿)より引用

    YT(谷山雄二朗氏)からのメッセージ

    皆様、こんにちは! YTです。「沈黙は金」の時代は終わりました。朝日新聞が「誤報」を認めても、国際社会では "Japan = Sex Slavery" という、アニメの如きフィクションが、あたかも TRUTHとして流布、それが今や常識に。気付いたら、強烈な国際包囲網。
    僕はこれまで "LinkIconYouTube" でミサイルを、一本発射しただけでした。ただ、中韓ロビー活動は凄まじく、米国には銅像・記念碑がすでに10個前後も建っています。こうした流れから、僕はミサイル「第2弾」を発射します。それが、今回の "全編 ENGLISHのドキュメンタリー映画"。言語は、英語、韓国語、日本語。ENGLISH、日本語字幕。先ずは、事実関係を公開、世界共通の「言葉」にし、最終的な判断は映画を観た人に委ねるのです。それぞ、IMPARTIAL DEMOCRATIC APPROACH = 公平無私なアプローチ。世界が完全に放射性物質で汚染される前に、日本人はしっかり言葉の防護服を作らなければなりません。

    予算使途の内訳

    アメリカでのプロモーション費用
    アメリカへの渡航費用(数回)
    素材改定費用(相手先の必要に応じて)
    素材製作費用(DVD、ポスター、ちらしなど)
    日本国内プロモーション費用
    その他、海外諸国に行き来するケースが生じた場合の費用
    雑費(不測の事態に対応) 計500万円

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付先の団体情報

    慰安婦問題の真実を広報する日本人国民運動

    http://nihon-kokumin.main.jp/

    慰安婦問題に関して、日本人の名誉が著しく傷つけらています。国民が立ち上がるのは今です。日本国民発の意見広告を米国新聞へ出稿する企画、米国議員への英文レター送付や、慰安婦問題を扱ったDVD映像等、様々な企画を立案し日本人自らが広告主となって世界へ向けて広報していくプロジェクトです。