JapanGiving > NPO活動を支援する > 流産・死産・新生児死など小さな赤ちゃんを...
  • 子ども
  • 医療
  • 人権

流産・死産・新生児死など小さな赤ちゃんを亡くした家族の支援活動にご協力ください!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

25

  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 妊娠中や生後まもなく赤ちゃんを亡くした家族は・・・

    流産、子宮外妊娠、死産、新生児死。言葉は知っていても、まさか自分の身におこるなんて想像する人は少ないでしょう。しかし、妊娠12週以降に死産する赤ちゃんは年間3万人。妊娠12週未満の流産は統計すらありませんが、全妊娠の20-30%と言われており、その件数は年間20万件以上と推計されています。これほど多くの女性が赤ちゃんを亡くしているにも関わらず、流産や死産に関する情報を目にしたり、耳にする機会は多くありません。

    小さな小さな命。けれど、ママのおなかで温められた大事な大事な命。母親は妊娠が分かった時から、いえ、「妊娠したかも」とほのかな期待を胸に秘めた瞬間から母として生きています。おなかのわが子に語りかけ、生まれてきたらこんなことしたい、こんなところに連れて行ってあげたい・・・いろんな夢を描くのです。そんな幸せがあっという間に崩れ去る・・・こんなに親として苦しいことはありません。そして、そんな悲しみや苦しみを吐き出せる場所も身近にはないのです。

    想いを語り合い、支え合える場を作りたい!

    当会代表の加藤が流産を経験した2003年。流産後の悲しみを話し合う場はネットの中にも、身近な場所にも見つけることはできませんでした。「見つからないなら、自分で作ろう!」そう思って立ち上げたのがポコズママの会でした。

    ホームページを開設後、設置した掲示板には、驚くほどたくさんのママたちからの書き込みがありました。一人で苦しみを抱えてきた女性たちに語り合う場が生まれたのです。

    ネット上での心の交流は、孤独から救ってくれます。これだけでも十分ですが、やはり会って共に涙したい。そんな思いから東京、千葉、埼玉、大阪、三重、福岡で交流会を開催してきました。2014年より交流会の名称を「ポコズカフェ」に変更し、【あなたの街にもポコズカフェを!】を合言葉に、全国に輪を広げようと準備中です。

    10年後・・・赤ちゃんを亡くして一人で悩む女性がいなくなる社会を作りたい!

    2003年に発足し、細々と活動を継続してきたポコズママの会。10年以上活動を続けてきましたが、10年前と何か変わったのか?と振り返ると、赤ちゃんを亡くしたご家族を取り巻く社会環境は何も変わっていない。それならば・・・「ポコズママの会が立ち上がるしかない!」そんな思い込みから、「NEXT 10 YEARS PROJECT」を計画しました。

    10年後のポコズママの会の目指す姿は、以下の3点です。
    (1)全国各地にポコズママの会の拠点があり、希望したときに、いつでも経験者どうしの語り合いの場がある。
    (2)不安に思うことを相談できる場所や制度がある。
    (3)ポコズママの会にかかわった人々がみな、幸せを感じて生活できる。

    そのために取り組むべき課題を「人材」「組織作り」「活動資金」「ブランド力」「ホームページ」「広報」「相談事業」「イベント企画」「全国展開」「協働事業」の10項目に分類して、今後の活動に活かせるよう努力しています。

    流産・死産体験談の書籍を出しました

    全国の病院に配布し、必要な方の手元に届くよう頑張っています

    NEXT 10 YEARS PROJECT

    ご支援お願いします

    小さな活取り組みですが、赤ちゃんを亡くした悲しみを語り合う場はもちろん、思いを語り合いながら産着を縫ったり、ウエイトベアを作る会も企画したい。アートセラピーや音楽療法などのワークショップも開いてみたい。そして、いつでもどこでも専門家に相談できるような相談事業も必要です。病院や自治体との連携も必要。やりたいこと、やるべき課題は山のようにあります。

    10年の事業プラン。10年後には、赤ちゃんを亡くして一人で悩む女性がいなくなる社会を作りたい。そのためには、当会には資金が全くと言っていいほどありません。「NEXT 10 YEARS PROJECT」を実現するために、どうか、ご支援をお願い申し上げます。

    亡くなった赤ちゃんと同じ体重のウエイトベア

    ご支援ありがとうございます

    予算使途の内訳

    WEBサイト運営費、ポコズカフェ開催費、冊子印刷費など既存プロジェクトの運営費が不足しているので利用させていただきます。また、赤ちゃんを亡くしたご家族のWEB相談や、支援者ネットワークの構築など新しいプロジェクトにも挑戦していきたいと思います。

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    流産・死産経験者で作るポコズママの会

    http://pocosmama.babymilk.jp/

    流産・死産(人工死産)・子宮外妊娠・胞状奇胎・新生児死などの理由により、小さなお子様を亡くされたご家族同士の相互支援を目的として活動している非営利任意団体です。コミュニティーサイトの運営、当事者の交流会や講演会の開催、流産・死産に関する情報発信を行っています。