JapanGiving > NPO活動を支援する > ドキュメンタリー映画 「Given ~い...
  • 子ども
  • 障がい・介護
  • 医療
  •  

ドキュメンタリー映画 「Given ~いま、ここ、にあるしあわせ~」応援プロジェクト!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
36

目標の寄付金額は8,000,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • ドキュメンタリー映画 「Given ~いま、ここ、にあるしあわせ~」とは

    「難病」とは、①原因が解らない②治療方法が確立されていない③いつまで現状が続くのか、この先の予測がつかない、の3つの大きな不安な状態にある病気を言います。本作品は、そのような環境にいる子どもとその3家族を追った、『いま、ここ』に生きる、ヒューマン・ドキュメンタリーです。

    この映画は、難病の“難しさ”を描いた内容ではありません。一般的に「難病」を、“かわいそう”や“気の毒”と思いこんでしまう傾向にあります。しかしながら、難病を患う家族にスポットを当てているにも関わらず、“生きる歓び”を映し出し、観る者にとって、“生きる”とは?“本当のしあわせ”とは?・・・など大きな気づきを与えてくれる内容です。

     

    世界では、人口が増え続け、このままでは食糧難やエネルギー不足に繋がるという懸念が拡がる一方、日本では、少子高齢化に歯止めがかからず、人口が減少し、労働者人口減など、これまでとは想像もつかない社会へと進み始めている、いま。。。
    高度情報化社会が進み、日常の生活もどんどんと“便利”になっていく、いま。。。
    人々はそのような中、何を求め、何処に行きたいのかを模索しながらも、その解を出せないままでいます。

    そのような時代だからこそ、本当の「しあわせ」について、探求し、その解へと導く一助となればと願って、本作品の製作を始めました。

    「難病」を患っていても・・・“本当のしあわせ”を知ると・・・こうも『いま、ここ』の時間が変わってきます。
    あなたの、『いま、ここ』がどのような状態であっても・・・“本当のしあわせ”に気づくと・・・明日への大きな“勇気”に繋がり、あなた自身の確信へと成っていきます。

    800万円目標!この映画を、ひとりでも多くの方に届けるために!

    このドキュメンタリー映画を製作するにあたり、撮影を行うための機材費や人件費、ナレーションの録音や音楽・映像の編集等のポストプロダクションに必要とする経費、及び、完成後の上映運営費をご支援いただきたく、このプロジェクトを立ち上げました。

    この映画をひとりでも多くの方に見ていただけるよう、全国各地で上映できるよう働きかけていきます。

    この映画の製作、全国上映のために皆さまの力が必要です。
    ぜひ、ご協力をお願いいたします!

    このプロジェクトにご賛同、ご支援いただいた方に特典をご用意いたしました。
    ●5,000円寄付 ギフト
    映画HP上へお名前を掲載させて頂きます。
    ●10,000円寄付 ギフト
    映画HP上へお写真とお名前を掲載させて頂きます。
    ●50,000円寄付 ギフト
    <カズフォトワールドを語る会 参加権>
    <Kotez ライブであなただけの即興演奏>
    撮影担当の写真家橋本和典さんとの交流会、音楽担当のハーモニカ奏者Kotezさんのライブにて、特別な時間を提供します。

    ストーリー&登場家族の紹介①

    志藤ファミリー

    ムコ多糖症と向き合う志藤ファミリー。
    ムコ多糖症は、日々“退行”が進む進行性の病気。今日できていることが、明日になればできなくなってしまう・・・。
    私たちは“成長”や“明日”というものは“当たり前”と思いがちだが、“退行”する病は、一日一日を送る中で、次第に衰えていってしまうのだ。

    元気いっぱいでいつも笑っていた一人娘が、成長につれ、自力で歩けなくなり、喋れなくなり、笑顔すら消えつつある・・・。

    「誕生日は?」と聞かれ、父は応えた。
    「誕生日は嬉しくないんです。
    むしろ、今日、このままで、時が止まって欲しいです。」
    と。。。

    母は「特別なことはなくていい。“普通”に毎日を送れることが一番大事。思っていた“普通”とは違うけれど・・・」と話す。

    “いま”のありがたさを、“いま”の一歩一歩の行動の大切さを教えてくれる。。。

    ストーリー&登場家族の紹介②

    塩川ファミリー

    悪性の腫瘍“横紋筋肉腫”が顔面にでき、世界でも大変稀な25時間もの手術で、眼球と顔の約半分を切除することになった塩川家の長男。

    術後、あまりにも変わり果て、機械に生かされているかのように闘う息子の姿を見て父、母は、ただただ、呆然とする。

    「息子の難病に出逢う前は、三輪バギーなんか欲しかったですね!太いタイヤ履いて、風きって、走るのって、格好良いって、思っていました。
    でも、いま、は全く欲しくありません。むしろ、欲しいものも、いまはありません。息子が、いのち張って、そう教えてくれました。」と父は語る。

    「持っていないものや、失ったものを数えるより、いま、あるものに気づけるかが、大切だと思うんです。大切とか、大事、ってものは、一番近くにあるんです。そう気づくことは、なかなか難しいけど・・・」と母。

    苦難?試練?を受け入れるとは一体なんだろう?“いま、あるもの”のキセキ、素晴らしさを教えてくれる。。。

    ストーリー&登場家族の紹介③

    米田ファミリー

    兄が逝ってから3年経った、ちょうどその命日に、18トリソミーという短命が宿命づけられたものを背負って、次女・ももちゃんは生まれた。

    「こいつ、死んどるんですわ。。。」
    父との出逢いは、この言葉から始った。
    「だってそうでしょ。。。いつ死んでもおかしくないんやから。息も自分自身ではできへんし、聞こえへんし、動けへん。もちろん食べ物だって、自分じゃ食べれへんし。。。だから、こいつは死んどるんですわ。」

    とても冷酷に聞こえる言葉を発する父は、その言葉とは裏腹に、数百倍、娘を愛している。

    「実はもう一人、息子がいたんです。2週間の短い、短いいのちでしたが、本当はいたんです。長男は当時、小さくて覚えていませんし、他の子らにも、話したことないし。。。でも、ももは、その子の命日に授かったんです。だから、どんなことがあっても、この娘のいのちは、生かされたいのちなんです。。。」と語る母。

    ドン底からでも“覚悟”すれば、しあわせな気持ちでいきることができる・・・凄さを教えてくれる。

    製作スタッフ紹介

    監督:高橋夏子
    エグゼクティブプロデューサー:大住力
    (Hope&Wish公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を 代表)
    プロデューサー:近藤正典
    アシスタントプロデューサー:水戸川真由美
    映像:橋本和典
    ナレーション:綾戸智恵(JAZZ SINGER)
    音楽:コテツ

    応援メッセージ

    聖路加国際病院 名誉院長  日野原 重明  

    いのちは、自分のものではありません。
    お父さんとお母さんから、両親から授かった、与えられたものです。
    そして、その両親も、そのお父さんとお母さんから、与えられたものなのです。

    また、いのちに正解はありません。
    その与えられたいのちを、精一杯、一人ひとりが夢をもって、生き抜くのです。

    予算使途の内訳

    ご支援頂いたお金は、映画の製作費及び上映運営費として活用させて頂きます。

    本作品には字幕(バリアフリー字幕を含む)をつけ、より多くの皆さまにご覧いただける作品に仕上げたいと考えております。また、映画祭への出品を視野に入れ製作しております。これらの製作・活動にも、ご支援頂いたお金を活用させていただきます。

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付先の団体情報

    難病の子どもとその家族へ夢を

    http://www.yumewo.org/

    全国では約20万人の子どもたちが難病と闘っています。私たちはその難病と闘う家族全員を応援するとともに、いま、を同じく生きる社会の人たちをも勇気づけたいと活動を推進しています。彼らとの出逢いを通して“難病の人=生きる本質を知っている人、師”として捉え様々な場を創出しています。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    5,000寄付によるギフト

    映画専用のホームページ上へ支援者様のお名前を掲載

    映画専用のホームページ上へ支援者様のお名前を掲載させて頂きます。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2015/04/23 15:09 ~

    10,000寄付によるギフト

    映画専用のホームページ上へ支援者様のお写真とお名前を掲載

    映画専用のホームページ上へ支援者様のお写真とお名前を掲載させて頂きます。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2015/04/23 15:09 ~

    50,000寄付によるギフト

    カズフォトワールドを語る会 参加権利

    写真家であり、映画の撮影をして下さった橋本和典さんに、写真の魅力を語っていただき、皆さんと交流していただく、特別な時間を提供します。

    ※開催日時等の詳細については、後日お知らせいたします。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2015/04/23 15:09 ~

    50,000寄付によるギフト

    Kotez ライブであなただけの即興演奏

    ハーモニカ奏者であり、映画の音楽を担当して下さったKotezさんのライブにて、特別にあなただけの為に、即興で吹いて下さいます。

    ※開催日時等の詳細については、後日お知らせいたします。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2015/04/23 15:09 ~