JapanGiving > NPO活動を支援する > 大地の芸術祭〜集落に生きる人たちの誇りを...
  • 芸術・スポーツ
  •  

大地の芸術祭〜集落に生きる人たちの誇りをアートによって守りたい〜

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

終了しています
2

このNPO活動は、
2015年09月13日00時00分に終了しました。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレとは

    爺さま婆さまの笑顔がみたいー。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、その想いから出発した、3年に1度の世界最大級の国際芸術祭です。豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市・津南町)を舞台に、過疎高齢化が進むなか、地域の元気を取り戻す取り組みとして2000年にスタートしました。
    2015年7月26日-9月13日には第6回展が開催され、恒久作品約200点を含む、約380作品が展開します。農業を通して大地と関わってきた「里山」の暮らしが息づく地で、「人間は自然に内包される」を基本理念とした、アートを道しるべに里山を巡る新しい旅は、地域づくりの先進事例として、国内外から注目を集めています。農業を通して大地と関わってきた「里山」の暮らしが息づく地で、「人間は自然に内包される」を基本理念とした、アートを道しるべに里山を巡る新しい旅は、地域づくりの先進事例として、国内外から注目を集めています。

    開催の目的

    地球環境と経済の仕組みの危機が叫ばれている中、市場原理や効率一辺倒の都市の価値観から外れたこの越後妻有で人間が生き、生活するために親しみ、時には格闘してきた自然や、棚田を人間の創作の術「美術」として捉えなおしています。自然と人間のかかわり合いを示す、その場所固有の地形や環境に寄り添うように制作された、大地の芸術祭における「希望の美術」を3年に1度し発表し、持続可能な地域のモデルにしていくことを目的としています。
    明治以来の国際化・近代化の中、中央の政策により、兵士や労働力の供出、農業の切捨て、合理化が推し進められ地域は疲弊しています。そうした状況に追い詰められてもなお越後妻有の人々は棚田、瀬替えという労苦の中でお米を作り続けてきました。地域の特徴を活かして出来ることを一方的に都市が受け取るのではなく、都市に住みながら地域に還元できる、都市と地域の「交換の場」をクラウドファンドを通じてつくります。

    ふるさと納税について※本プロジェクトのギフトはふるさと納税の対象となります

    ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。

    控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。

    なお、本来確定申告を行う必要がなかった給与所得者等については、ふるさと納税を行う際にあらかじめ申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が、平成27年の4月から始まりました。
    ただし、適用を受けられるのは、ふるさと納税を行う自治体の数が5団体以内である場合に限られます。

    ふるさと納税について詳しくは下記URLをご参照ください
    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/about/ 
    (総務省 ふるさと納税ポータルサイト)

    予算使途の内訳

    第6回大地の芸術祭開催(2015年7月26日(日)~9月13日(日)の50日間)や、これまでの芸術祭で制作された約200点にのぼる恒久作品の維持管理に活用されます。

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    大地の芸術祭実行委員会

    http://www.echigo-tsumari.jp/

    越後妻有地域の十日町市と津南町の1市1町により大地の芸術祭の運営を行う。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    10,000寄付によるギフト

    大地の芸術祭パスポート(本ギフトは終了しております)

    ・大地の芸術祭パスポートをお届けいたします
    ※大地の芸術祭を楽しむためには、作品鑑賞パスポートが必要です。
    芸術祭会期中の全作品(約380点)と関連施設を鑑賞できます。
    ※大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015
    会期:2015年7月26日(日)~9月13日(日)

    ※寄付の受付完了後、10日以内に届くように発送致します
    ※デザイン等は予告無く変更されることがあります。

    ・公式ホームページにお名前記載

    ※本ギフトの購入期限は8/31までとなります。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2015/07/26 00:00 ~ 2015/09/13 00:00

    10,000寄付によるギフト

    2015年度まつだい棚田バンク里親コース (5平方メートル)

    ・過疎高齢化で担い手のいなくなった棚田を保全します。

    ・一年を通してみんなで育てたお米が2015年10月下旬ころ、『棚田米』配当米(白米)1.35kgとしてお手元に届きます。
    原産地:新潟県十日町市松代
    ※パッケージデザイン等は予告無く変更されることがあります

    ・まつだい棚田バンクの里親となり、その証明として里親証書が届きます。

    ・農作業に参加できます。(希望者)
    中山間地域ならではの農法や農村生活の知恵を、地元農家から直接学びます。米作りは、まだ雪が残る3月に始まり、5月の田植え、夏の草刈り、秋の稲刈りを地元の方と一緒に行います。
    ※イベント時期が近くなりましたら、ご案内をお送り致します。
    ※交通費・宿泊費・昼食代などは別途料金が必要です。

    ・公式ホームページにお名前記載

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2015/07/26 00:00 ~ 2015/09/13 00:00

    50,000寄付によるギフト

    寄付者ボードにお名前を掲載(本ギフトは終了しています)

    ・寄付者ボードにあなたのお名前が掲載されます。
    ※大地の芸術祭は、先達たちが長年かけて築いてきた里山に散らばる作品の間を巡る「旅」です。「旅」の終着点にふさわしいロシア出身のアーティスト イリヤ&エミリヤ・カバコフの新作「人生のアーチ」。高台に出現する巨大な橋のオブジェは、鑑賞者一人ひとりのそれぞれの人生を想起させる作品です。その作品の近くに寄付者ボードを会期終了後設置し、お名前を掲載します。是非会期中に作品を鑑賞いただき、アーティストが作品に託した思いや鑑賞者が何をこの作品に託しえるのかに思いを馳せてください。

    ※お名前が記載された寄付者ボードの設置は期間終了後、2015年10月頃となります。寄付者の方には追ってご案内させていただきます。

    ・大地の芸術祭パスポートをお届けいたします
    ※大地の芸術祭を楽しむためには、作品鑑賞パスポートが必要です。
    芸術祭会期中の全作品(約380点)と関連施設を鑑賞できます。
    ※大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015
    会期:2015年7月26日(日)~9月13日(日)
    ※寄付の受付完了後10日以内に届くように発送致します
    ※デザイン等は予告無く変更されることがあります。

    ・公式ホームページにお名前記載

    ※本ギフトの購入期限は8/31までとなります。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2015/07/26 00:00 ~ 2015/09/13 00:00