JapanGiving > NPO活動を支援する > 〜阪神・淡路大震災から20年〜あなたの応...
  • 被災者
  •  

〜阪神・淡路大震災から20年〜あなたの応援で神戸を灯そう!光の芸術『神戸ルミナリエ』開催!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

終了しています
220

このNPO活動は、
2015年12月31日23時00分に終了しました。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 神戸ルミナリエについて

    ルミナリエとはイタリア語で「luminaria(英語のilluminationsと同義)」の複数形「luminarie」のことであり、小電球などを組み合わせて造りだす光の装飾(イルミネーション)を意味していますが、巧みに創り上げられた神戸ルミナリエの作品たちは洗練された気品漂うものとなっており、まさに「光の彫刻」、「光の芸術」と呼ばれるにふさわしいものです。

     神戸ルミナリエは1995年12月、阪神大震災の年の年末に犠牲者の鎮魂と追悼、街の復興を祈念し、震災で激減した神戸への観光客を呼び戻す目的で初めて開催されました。以来、12月初旬から中旬にかけて開催され、現在では毎年300~400万人が訪れる年末の神戸にはなくてはならない風物詩の一つとなっています。

    平成27年度『第21回神戸ルミナリエ』開催概要

    【開催期日】
    平成27年12月4日(金)~12月13日(日) 10日間
    【開催場所】
    旧外国人居留地および東遊園地
    【主 催】
    神戸ルミナリエ組織委員会
    (主催団体)
    兵庫県/神戸市/神戸商工会議所/公益社団法人ひょうごツーリズム協会/
    一般財団法人神戸国際観光コンベンション協会/Feel KOBE 観光推進協議会

    2015年ルミナリエ通りの作品の特徴

    1.屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」(日本初公開)
     これまでのルミナリエ通りは入口の作品「フロントーネ」とその後ろに続くアーチ「ガレリア」という構成でしたが、本年は日本初公開となる屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」を展示します(前方から「フロントーネ」「ガレリアコペルタ」「ガレリア」という作品構成となります)。
     入口のフロントーネから約16mの間、天井(天井高約15m)及び左右の壁が展開される「光のトンネル」を通り抜けていただきます。トンネルの中では前方を含めた4方向が光に囲まれ、これまでにない迫力を感じていただけます。

    2.LED電球の本格採用(神戸ルミナリエ初)
     過去20回の神戸ルミナリエでは一部の小作品を除き、白熱電球を100%使用してきました。本年は、21回目からの新しい「神戸ルミナリエ」をご覧いただきたいとの思いから、ルミナリエ通りおよび東遊園地の大型作品も含めたすべての作品にLED電球を100%使用します。

    2015年のデザインビジュアル(CG)です。

    2015年のイメージパース(入口下部より上方向)です。

    ごあいさつ

    「神戸ルミナリエ」は、震災の年である平成7年12月に初めて開催し、震災で打ちひしがれた神戸の街と市民に大きな感動と復興への勇気、希望を与えてきました。以来、毎年多くの方にご来場いただき、今日まで継承できたのも、みなさまの温かいご支援に支えられてきたからです。
     しかしながら、近年は、収入の減少傾向が続いており、財政的に非常に厳しい状況となっております。そこで、このたび、新たな財源確保の取り組みとして、クラウドファンディングによる募金を実施することにいたしました。大震災の記憶を永く後世に語り継いでいく催しとして、今後も「神戸ルミナリエ」を継続開催できるように、みなさまの応援をお願いいたします。

    神戸ルミナリエ組織委員会 会長
    (神戸市長)
    久元 喜造

    相武 紗季さんより応援コメント

    【応援コメント】
    毎年、神戸ルミナリエの開催を多くの人たちが楽しみにしています。
    震災を経験した人もそうでない人も、ルミナリエの光をみながら、それぞれに震災について振り返ったり、その時の思いを語り継ぐために、神戸ルミナリエの継続ができるよう、私も応援したいと思います。

    【相武 紗季さん プロフィール】
    2003年「WATER BOYS」で女優デビュー。
    2005年「どんまい!」でNHK連続ドラマ主役を初めて演じる、その後、TV、映画出演のみならず、アニメーション声優や、舞台女優など幅広く活躍している。趣味は読書、音楽鑑賞、料理、特技は水泳。

    相武 紗季さん

    髭男爵 山田ルイ53世より応援コメント

    【応援コメント】
    阪神大震災の時、僕は丁度、六年間に及ぶ、引きこもり生活からなんとか抜け出そうと、もがいている最中でした。
    三木市の実家にいましたが、あの朝のことは一生忘れられません。
    「神戸ルミナリエ」が、沢山の人々に、勇気や感動や癒しや希望を与えたのは言うまでもありません。みんなの力で継続していかなければなりません。
    震災の経験、記憶を語り継ぐのは勿論大事。
    しかし、願わくば、例えば古くから続く地元のお祭りや、行事、僕達の日常の些細な習慣の、その発端、キッカケが、「実は昔こんなことがあって始まったものなんだよ」と、教えられなければ分からないものがあるように、当たり前に、カレンダーの中に溶け込んで、遠い遠い未来まで続けばいいなと思っています。
    復興と再生、ルネッサンスの象徴であり続けた、神戸ルミナリエを応援しています。

    【髭男爵 プロフィール】
    1999年に結成。『第1回一発屋オールスターズ選抜総選挙2015』で最多得票を集め、
    初代王者に選定される。
    【現在レギュラー出演中】
    文化放送「土曜の午後は♪ヒゲとノブコのWEEKEND JUKEBOX」メインパーソナリティー(山田のみ)
    山梨放送「はみだししゃべくりキックス」木曜メインパーソナリティー(山田の
    み)
    文化放送Podcast「髭男爵山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」(山田のみ)
    ニコ生放送「髭男爵の髭ジョッキー」
    ※他バラエティー番組で活躍中。

    髭男爵 山田ルイ53世

    なでしこリーグ INAC神戸レオネッサより応援コメント

    【応援コメント】
    阪神大震災から20年目の今季、INAC神戸レオネッサはユニフォームと練習着の右袖に「KOBE」の文字を入れ、「神戸とともにさらに歩み続ける」をコンプトに、シーズンを戦いました。また、今シーズンは、地元商店街に選手が訪問し、地域の皆様とさらに繋がり、地域の皆様に元気になって頂き、選手たちも元気をもらい、笑顔の輪を広げております。神戸ルミナリエは、震災で打ちひしがれた神戸の街と市民に大きな感動と復興への勇気、希望を与えるシンボルとして、いつまでも継続開催される意義あるイベントだと考えております。
    『ぜひ皆様と、この継続開催の輪を広げて行きたいです。(キャプテン・大野忍)』

    【INAC神戸レオネッサ プロフィール】
    INACとは=International Athletic Clubの略称です。INACは、地元神戸市及び兵庫県におけるスポーツコミュニティーの担い手を育成し、さらには国際的な活動も展開していく総合スポーツクラブとして、2001年4月に設立されました。トップチームであるINAC神戸レオネッサは、2001年に創部。関西リーグを経て、2005年にLリーグ(なでしこリーグ)2部に参入、翌2006年1部へ昇格。2010年全日本選手権にて初タイトルを獲得し、2011年に念願のリーグ優勝を果たす。その後、リーグ3連覇、全日本選手権4連覇を果すが、昨年は無冠に終わったため、2015年は女王奪還を目指す。チーム名の「レオネッサ」とはイタリア語で雌ライオンを意味し、美しく力強い様子を表している。“神戸から世界”へをコンセプトに女子サッカーの更なる飛躍を目指して活動を行なっている。

    INAC神戸レオネッサ

    今年もまた皆さんとともに神戸に灯りを!

    「神戸ルミナリエ」は、毎年、各企業様からの協賛金や企業募金、また、個人の
    方からの募金、ご来場者からの「一人100円」募金など、皆様から多大なご協力
    を頂き開催しております。
    来場者数の減少もあって収入の減少傾向が続いており、財政的に非常に厳しい状況となっております。
     このような状況も踏まえ、「神戸ルミナリエ」では、ジャパンギビングを活用して広く皆様に寄付の募集を呼びかけさせていただくこととなりました。
     震災直後、電気もガスも止まった暗黒の街を体験した者にとって最初のルミナリエの輝きの感動は今でも忘れがたい物があります。この『光の祭典』をみなさんの力でこれからもずっと存続させていきたいと思います!

    予算使途の内訳

    イベント開催にかかる諸費用(作品設置費、会場設営費、警備費、広報費ほか)

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    神戸ルミナリエ組織委員会

    http://www.kobe-luminarie.jp/

    『神戸ルミナリエ』は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催しました。 以来、神戸ルミナリエは震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年開催しています。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    30,000寄付によるギフト

    (残り272ギフト)

    20thメモリアルプラーク(ネーム入り)

    「20th メモリアルプラーク」は、過去20回のガレリア・フロントーネを真鍮 0.3mm の薄い金属
    で忠実に再現した合計20枚のプレートをひとつの額装に仕上げたものです。額装には神戸ルミナリエ20thロゴプレートが装飾され、高級感のある仕上がりになっています。

    ■ 商品概要
    商品名 :20th メモリアルプラーク(ネーム入り)
    サイズ :縦 365×横 415×奥行 15mm
    重量 :950g
    材質 :各プレート/真鍮 金メッキ加工 台紙/紙 フレーム/木 PS
    付属 :壁掛け用ひも付
    包装 :箱入り(縦 385×横 435×奥行 30mm)
    ※20th メモリアルプラーク(ネーム入り)に限り配送いたします。
    ※大変申し訳ありませんが、領収証の発行はいたしかねます。
    ※銀行振込でのお申込みの場合、入金を確認次第お申込み受付完了となり、入金確認がとれるまで時間がかかる場合があります。お急ぎの方はクレジットカード決済をお選びください。

    現在の寄付人数 : 28

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2015/11/02 09:00 ~ 2015/12/31 23:00