JapanGiving > NPO活動を支援する > カンボジア病院の子どもたちの治療費等のご...
  • 子ども
  • 医療
  • 途上国

カンボジア病院の子どもたちの治療費等のご支援を!!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
81

目標の寄付金額は30,000,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • ASEAN の子ども達の未来を拓くプロジェクト

    この⼦たちの笑顔の後ろに、 不幸にして病院に⾏けずに亡くなった 多くの子供達の悲しみがあります。 私たちJapan  Heart  は もっと多くの子供を笑顔にしたい。 だから、立ち上がりました。

    年間1万人以上死亡しているとの数字が有ります。
    (生まれて1歳に満たないで亡くなる子は、1,000人当り34人(出典:世界保健統計2014。日本は1人)2012年の年間出生数38.6万人(2014年世界子供白書)にて、単純に計算すると12,700人が死亡)

    patient

    なぜ今カンボジアなの?  カンボジアには保険制度がない

    カンボジアには⽇本の国⺠健康保険のような 社会制度が存在しないため、全て自⼰負担になります。お金が無ければ医療を受けられないのが現実です。日本は保険が効くので、月収の10%程度の負担で盲腸の手術を受けられますが、カンボジアの場合、月収の半分程度も負担しないと手術が受けられません。これはあくまで平均給与での計算です。農村部の貧しい、給与収入の少ない家庭では、言うまでもなく非常に大きな負担です。

    助かる命が助からない

    とても幸運なことに、この写真の赤ちゃんは私達が存在を知ることができたため、たった25分の 緊急⼿術で助けることができました。 しかし、現実は厳しく、目の前で死にかけている赤ちゃんでも、お金が無いと死を待つだけなのです。
    こんな現実をなんとかしたい。
    Japan  Heart  ボランティアスタッフ全てのスタッフの願いでもあります。

    生後3日の赤ちゃんが運び込まれた

    手術が成功し寝ている赤ちゃん

    旧政権下で医師が殺害された

    ポルポト政権による⼤量虐殺により、多くの 知識人が命を落としました。その結果、カンボジアは成⼈男性が少なく、医療レベルが低い状況が続いています。 私たちはこの状況を変えるべく、医療技術の技術移転をするための礎となる「病院」の建設が一番と考えました。
    そして今10月より翌2016年5月まで建設が進みます。

    この病院の医療費(手術、治療費+薬代+現地医療者の給与)が必要です。

    多くの子どもを助けるためには、運転費用が必要です。
    一方、今回の治療は3年間無料で行います。その為、資金が必要です。
    (日本よりのボランティア医療者は無償、無給で働きます。)
    皆さんのご協力が必要です。

    予算使途の内訳

    寄付金は患者さんの治療費及び病院の運営費に使わせて戴きます。(患者さんよりは治療費を戴かないので。。。。助かります)
    目標は 約3000万円です。(1年に要する治療費、薬剤費、現地の医師・看護師を雇う給与などの運営費です)

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付先の団体情報

    ジャパンハート

    http://www.japanheart.org

    2004年日本発祥の国際医療ボランティア団体。アジアの途上国へ医療者やボランティアによる医療支援を展開。保健活動、医療人材育成、ミャンマーで子どもの養育施設の運営、視覚障がい者自立支援等を実施。日本では、僻地離島への医療者派遣、小児がんの子どもたちへの支援活動等を行う。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。