JapanGiving > NPO活動を支援する > シマフクロウ・エイドは 「地域一体でのシ...
  • コミュニティー
  • 自然
  • 動物

シマフクロウ・エイドは 「地域一体でのシマフクロウ保護」を目指し、個人・団体・企業・行政からの支援や協力のもと、生息調査や給餌、植林等に取り組み、その成果を地域の子ども達への学習やパネル展、講演会の開催で還元しながら、絶滅のおそれがあるシマフクロウの未来づくりに取り組んでいます。http://homepage3.nifty.com/fish-owlaid/Program.html

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
2

  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • いくらあれば何ができるか

    ★1000円で、シマフクロウの成鳥2羽・1日分のごはん代に生まれ変わります。通年、シマフクロウの主食となる活魚(主にヤマメ)を購入し専用給餌池に放流しています。
    ★8000円で、1回の調査・パトロール代に生まれ変わります。成果を環境教育やPR活動などで還元することで普及・啓発を推進しています。
    ★3000円で、1回の調査にかかる車燃料代に生まれ変わります。生息を確認する調査代に使わせていただきます。
    ★5000円で1回の会報発送代に生まれ変わります。当NPOの活動を知り広めるを推進する運営費に使わせていただきます。

    寄付の使途報告は、各年度事業報告でご覧いただけます。
    http://homepage3.nifty.com/fish-owlaid/2008jigyouhoukokupage.html

    予算使途の内訳

    ・シマフクロウが食べる活魚購入代になります。
    ・シマフクロウの調査・パトロールにかかる車燃料代や調査機材代になります。
    ・家さがしをするシマフクロウの若鳥の生息調査代になります。
    ・地域一体のシマフクロウ保護を推進する運営費用になります。

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。

    寄付先の団体情報

    NPO法人シマフクロウ・エイド

    http://homepage3.nifty.com/fish-owlaid/

    北海道に生息するシマフクロウは未だ絶滅のおそれがあります。将来も安定して暮らす姿に向けて、保護・保全活動と普及・啓発活動に取り組んでいます。個人・企業・行政・団体の皆さまからの支援や協力のもと、次世代に続く地域一体での保護活動を目指しています。