JapanGiving > NPO活動を支援する > 犬とふれあい子どもの「笑顔」の撮影会。動...

犬とふれあい子どもの「笑顔」の撮影会。動物愛護と適正飼養についての理解と関心を深める


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • いくらあれば何ができるか

    皆さまからいただいたご寄付は
    ・セラピー犬 10頭(大型犬2頭・小型犬2頭) シャンプー 2万円
    ・広告宣伝費 デザイン料 カメラマン募集 3万円
    子ども募集 3万円
    印刷料 カメラマン募集 1,000枚
    子ども募集 1,000枚
    ・50人の子どもの笑顔の写真、活動内容ををHP・SNSに追加
    ・50人の子どもに笑顔の写真入りDVDをプレゼント
    動物愛護活動全般に限定した財源として、大切に活用させていただきます

    「すべての命が大切にされる社会」を目指して

    わたしたちは、人と犬の新たな関係を創り出し、犬への正しい理解を広げることで人と犬がともに暮らしやすい社会を構築する。
    高齢者施設へ犬と訪問を行い犬とのふれあいを通じて、お年寄りに対して生きる気力・癒しを提供するドッグセラピー活動を行い。
    殺処分される犬を減らすために犬とふれあいしつけ教室や啓発活動、子どもたちに命の大切さを伝え、情操を育んでいくとともに、ドッグアドバイザーやドッグセラピストなど人材を養成し社会福祉の増進に貢献しています。

    大好きな わんちゃんが殺されている現状を知り はじまった活動

    私たちは2006年ペットショップをオープン。2007年犬猫殺処分問題を知り任意ボランティア団体を設立。

    任意団体だと責任の所在が分かりにくいことからNPO法人化。

    毎年、動物愛護週間に小倉城下広場において、犬のお手入れや、しつけの重要性、犬と過ごす楽しさ、正しい犬の接し方、犬との生活でのお悩み相談、命を預かる責任を知ってもらうために、犬とふれあいしつけ教室を行い。
    高齢者施設においてドッグセラピー活動。
    子どもたちに命の大切さをつたえるドッグ介在教育を行ってきました。

    人間の身勝手な理由から、簡単に動物の命を捨てる人がいます

    原因の多くが、正しい飼い方を知らないままに動物を飼っていることにあるようです。よくお手入れ・しつけ・育て方が分からないと質問されます。買った所で聞いてないのですか?と聞くと売っている方が犬の知識のないバイトの方だった。また、ブリーダーは売ったら、手のひらを返したかのようにトリミングに行くでしょペットショップで聞いてくださいと売りっぱなしの所もあるようです。犬を飼う側だけの責任ではなく売る側にも問題はあります。わたしたちも子犬販売を行っていますが、この親犬の子が欲しい。こんな性格の犬が欲しいというふうにドイツ式に子犬を待ってもらって販売しているので、安易に子犬を増やしたり安易に子犬の販売は行なっておりません。
    そこで、子どもに合った性格の犬。お年寄りに合った性格の犬、同じ犬種の子でも性格は違うので、自分のライフスタイルに合った性格や犬種の犬を買おうという事を広く伝え。子どもたちに犬との触れ合いを通して「命あるもの」「温かいぬくもり」を体験し子どもの心を育み 動物愛護の精神や笑顔を届けます

    命を大切にする子どもが増えることで将来、犬猫殺処分数を減らす結果も生まれます

    少年期に動物愛護精神を形成することができるよう。犬とのあいさつの仕方、捨てられ犬の現状、犬とのつきあい方やふれあい方を伝え、咬傷事故を未然に防ぐとともに、「いのちの大切さ」を伝え、友愛の精神を育むことを目指します。
    動物愛護先進国のイギリスでは
    「子どもができたら犬を飼いなさい」ということわざがあります
    子どもが赤ん坊の時、子どものよき守り手となるでしょう
    子どもが幼年期の時、子どものよき遊び相手となるでしょう
    子どもが少年期の時、子どものよき理解者となるでしょう
    そして子供が青年になった時
    自らの死をもって子どもに命の尊さを教えるでしょう。

    子どもに犬との正しいふれ合い方を教え、犬とふれ合っている「笑顔」の写真を撮りwebで紹介する。
    犬とふれ合ったことのない子どもも犬と正しく付き合えば笑顔が生まれます。また、犬とのふれあいが大きくなっても写真という思い出となります。ふれあっている子どもは笑顔に。見ている方は笑顔の写真を見て笑顔に、笑顔の人を見て笑顔に。
    笑顔で笑顔が増えます

    子どもたちに多彩な感性を育ててもらいたい

    子どもたちが、言葉を持たない犬との交流を通して、
    犬の気持ちを察する心を身につけ
    悪いことをしたら自分が悪いと認め「ごめんなさい」と言える。
    犬がケガをしないように心配りをする。
    犬が言うことをきかず、しつけができなかったら悔しいと感じ頑張ることができる。
    腹立たしい状況を自分なりに抑えるなど

    社会的に身につけさせる機会を設け、将来、社会に出ても必要となる力を培うことができます。

    そういった教育環境の整備を広げるために、ともに社会を変える仲間になってください。

    予算使途の内訳

    会場費用 3万円
    交通費 1万円
    管理・運営 3万円
    セラピー犬シャンプー(人件費) 2万円
    宣伝広告費(チラシデザイン・印刷費) 7万円
    HP修正(活動のページ追加・宣伝・委託料)5万円
    笑顔の写真整理・プリント代・記載料 8万円

    • 子ども
    • 障がい・介護
    • 動物
    •  
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    終了しています
    5

    寄付先の団体情報

    ドッグセラピージャパン

    http://dtj.or.jp/

    高齢者施設・養護施設に訪問し、お年寄りがいぬとふれあうことで癒しを提供し、学校へいぬと訪問し、子どもたちに情操を育んでいくとともに、この活動を広げるためにドッグアドバイザーやドッグセラピストなど、ドッグセラピー活動に係わる人材を養成し、社会福祉の増進に貢献しています

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    3,000寄付によるギフト

    報告書と感謝の気持ちを込めた メッセージを送付します

    ・活動報告と笑顔の写真
    ・メンバーより感謝の気持ちを込めたメッセージをEメールでお送りいたします

    現在の寄付人数 : 3人

    購入可能期間 : 2015/12/10 11:30 ~ 2016/01/10 23:59

    5,000寄付によるギフト

    支援プロジェクトのホームページ上へ支援者様のお名前を記載

    ・ホームページ上へ支援者のお名前を記載
    ・+3,000円のギフト内容

    現在の寄付人数 : 1人

    購入可能期間 : 2015/12/10 11:30 ~ 2016/01/10 23:59

    10,000寄付によるギフト

    わん仔カフェでセラピー犬と撮影会

    ・軽食を食べながら、好きな犬と一緒に写真撮影
    ・+5,000円のギフト内容

    現在の寄付人数 : 0人

    購入可能期間 : 2015/12/10 11:30 ~ 2016/01/10 23:59

    10,000寄付によるギフト

    セラピー犬の携帯待受 壁紙

    ・セラピー犬の愛らしい携帯待受け写真
    ・+5,000円のギフト内容

    現在の寄付人数 : 1人

    購入可能期間 : 2015/12/10 11:30 ~ 2016/01/10 23:59

    20,000寄付によるギフト

    2016年セラピー犬のタペストリーカレンダー

    ・セラピードッグの愛らしいタペストリーのカレンダー
    ・+5,000円のギフト内容

    現在の寄付人数 : 0人

    購入可能期間 : 2015/12/10 11:30 ~ 2016/01/10 23:59

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    30,000寄付によるギフト

    野田 玖仁子、セラピードッグと散歩&ドッグカフェでランチ

    ・ドッグカフェまでセラピードッグと散歩
    ・ミネラルダイニングを食べながら、野田玖仁子と犬の現状、セラピーや福祉の状況について語り合いませんか?

    現在の寄付人数 : 0人

    購入可能期間 : 2015/12/10 11:30 ~ 2016/01/10 23:59