JapanGiving > NPO活動を支援する > ミャンマーで病院に行くための「みんなの健...

ミャンマーで病院に行くための「みんなの健康サポート基金」を設立したい


  • このチャレンジの最新情報をフォローしよう!
  • 助かる命を救う、仕組みづくり

    "重い病気やけがでも、金銭的な理由のためすぐに病院へ行けない"

    のどかな景色が広がるこの地域ですが、多くの人がリスクと隣り合わせの生活をしています。日雇い労働への日当が約300円相当のところ、大きなけがや出産の緊急時で病院へかかると交通費や食費、治療費などに計1万円を超えるお金がかかることも珍しくありません。そのため多くの村人たちは、病院でしか手当を受けられない重い病気やけがの際にも、費用の工面に時間がかかって治療を適切なタイミングで受けられなかったり、費用をまかなうために高利貸しからの借金を背負ったりしています。

    「健康サポート基金」は、村の人誰もが、無利子無担保で治療費や病院までの交通費を借りることができる基金です。また、一部を有利子で融資し運用することにより、徐々に拡大できる仕組みにします。

    この基金によって、急な病気やけが、出産の緊急時に、お金の心配をすることなく、安心して病院へ行くことができるようになります。

    みなさまからのお気持ちは、 責任を持って各村へ届けます!

    現在、村では一軒一軒が資金の積み立てに協力し、サポート以上の額を自分たちでも集めようと頑張っています。 AMDA-MINDSは、基金が立ち上がった後も帳簿のつけ方について研修を開くなど、基金が持続するものになるよう支援していきます。ぜひご協力ください!

    予算使途の内訳

    ミャンマー中央乾燥地にある農村21村(パウッ郡)の村人たちが、「健康サポート基金」を設立しようとしています。AMDA-MINDSでは、基金が枯渇しない一定の大きさになるよう、全村で計60万円を支援することを目指しています。村の人たちの健康を願い設立されるこの基金のため、ご寄付のご協力をお願いします!

    • 国際平和
    • 途上国
    •  
    • Facebookでシェア
    • Twitterでシェア
    ★お気に入りに登録する
    終了しています
    36

    寄付先の団体情報

    AMDA社会開発機構

    http://www.amda-minds.org

    2007年に設立。国連経済社会理事会から総合協議資格を授与されたAMDAグループの構成団体。開発途上国の貧困削減と健康増進を目指し、母子保健、生活改善、生計向上、農村開発などの取り組みを実施。アジア3ヶ国、アフリカ2ヶ国、中南米1ヶ国における活動を展開している。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    500寄付によるギフト

    当団体発行のニュースレターを1回お送りいたします。

    フルカラー6~8ページ、年4回発行
    ニュースレターでは、ご寄付いただいた方のお名前をご紹介させていただいております。ご寄付下さった方には、お名前が掲載されたニュースレターをお送りいたします(掲載不要の場合はご連絡ください)。

    現在の寄付人数 : 20人

    購入可能期間 : 2016/01/13 17:00 ~ 2016/03/31 23:00

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能