JapanGiving > NPO活動を支援する > モンゴル子どもたちの目の健康を守るために...
  • 医療
  • 被災者
  • 国際平和
  •  

モンゴル子どもたちの目の健康を守るために眼科検診事業を実施したい!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

終了しています
9

目標の寄付金額は750,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 「見てみたい・・・」を「見える!」に変える

    小児の眼科検診システムが整っていないモンゴル国内においては、小児の弱視、斜視、その他の眼科疾患は、明らかな症状がないため、発見が遅れたり、放置されたりすることが多く、教育に支障が及ぶ現状があります。子どもの目の問題の8 割は適切な時期に適切な治療をすることで明らかな回復が期待されます。

    AMDA は、モンゴル眼科協会の要請を受け、2010 年から毎年、日本から専門家をモンゴルに派遣して、子どもの目の健康に焦点をあてたセミナーや検診等の事業をおこなっています。

    検診を真剣に受ける子どもたち

    プロジェクトについて

    今回、 AMDAは今年9月にモンゴル・グチンウス村(首都ウランバートルより南西500km、車で約8時間)の小中学校にて眼科検診を行います。モンゴルと日本の専門家が共同で実施し、研修としてモンゴルの眼科医を育てる目的もあります。首都ウランバートルでは昨年検診を受けた子どものフォローアップ、社会全体に眼科検診の必要性を訴えるためフォーラムを以下協力団体とともにモンゴル眼科協会と共催で実施します。

    協力団体:モンゴル眼科協会
         ウランバートル市保健局
         モンゴル学校医・教育関係者・PTA
         人類愛善会モンゴルセンター
         AMDAモンゴル

    モンゴルの子どもたちの目を守る活動にぜひご協力をお願いします!

    眼科検診を受けにきた子ども

    活動実施に至る経緯

    2006年8月にAMDAグループ代表の菅波がモンゴルを訪問し、エンフバヤル前大統領に面会した際、モンゴルのダンバダルジャー寺と日本人墓地跡を訪れ、この寺院が第二次世界大戦後日本人抑留者の病院として使用されていたことを知りました。この地において世界平和とモンゴルの医療向上に貢献するプロジェクトの実施を提案し、快諾されました。2008年6月、同国初めての活動となる第1回慰霊祭(ASMP)を実施しました。2010年、ノモハン事件従軍関係者白内障手術を実施後、この白内障手術は国が引き継ぐこととなりました。AMDAには、人口の30%強を占める将来の担い手である子どもたちの目の健康を守ってほしいとモンゴル眼科協会会長から依頼がありました。以降毎年、日本から専門家をモンゴルに派遣して、子どもの目の健康に焦点をあてたセミナーや健診等の事業を行っています。

    セミナーの様子

    高﨑先生によるセミナーの様子

    これまでの活動内容

    2008年6月 第1回モンゴルASMP(ウランバートル)
    2009年8月 第2回モンゴルASMP、医療ニーズ調査(ウランバートル)
    2010年6月 第1回眼科医療奉仕団活動:子供のための眼鏡技術研修と
    無料眼鏡提供、ノモハン事件従軍関係者白内障手術提供(ウランバートル)
    2011年5月 モンゴル医師団研修:眼科技術研修(岡山、東京)
    2011年6月 第2回眼科医療奉仕団活動:眼鏡技術研修(ウランバートル)
    2011年8月 おかやま国際塾-モンゴル研修(ウランバートル、セレンゲ)
    2011年8月 第3回モンゴルASMP(ウランバートル)
    2012年8月 岡山県国際貢献Local to Local 技術移転事業
    「モンゴル国視能訓練技術移転事業」モンゴル・ウランバートル市にて子どもの眼科検診、啓発活動
    2013年9月 同上 モンゴル・ウランバートル市
    2014年9月 同上 モンゴル・ウランバートル市
    2015年8月 同上 モンゴル・ブルガン県ブルガン市

    プロジェクト実施専門家の思い

    川崎医療福祉大学 高﨑先生 

    私たちの生活に必要な情報の80%は眼から入ってくるため、「良く見える」ことは大切です。こどもでは「ピントの合った見え方」をすることで脳の発達が促され、両眼がうまく動いたり、遠近感や立体感がわかるようになります。このような視機能は8歳くらいまで発達します。
     モンゴル国では日本の様に3歳児や就学時、また学校でも視力測定を行う機会はありません。こども達が「ピントの合った見え方」をして日常生活をしているのか、親も先生も知りません。視覚健診は視力表と立体視検査表、ペンライト、屈折測定用具があれば、どの様な場所でも簡単にできます。私はモンゴルの眼科の先生達と一緒に視覚健診を広め、子ども達が「ピントの合った見え方」ができ、豊かに成長できる機会を作りたいと思っています。

    日本から派遣の高﨑先生

    現地協力者の声

    モンゴル眼科協会代表ブルガン先生

     目の健康に関する啓発・周知には長い年月がかかりますが、高崎先生は6年間も根気よく活動を継続してくれていてとても感謝しています。
    今回行う啓発フォーラムではこれまでの活動を含めてより幅広く啓発を行うために、教育関係者・政府関係者・保護者等様々な関係者を含めたフォーラムを実施します。

    眼科検診を行うブルガン先生

    昨年度の活動概要

    ウランバートルから北西400kmにあるブルガン県のブルガン市にあるエルデミーン ウルゴー総合学校で113名、県立第二小中学校で125名、そしてヒシッグ ウンドゥル村の小中学校で51名の眼科検診を行いました。ブルガン県保健局の局長は、「これまでこのような検診はブルガン県では行われていなかったので、県の行政、保健局、教育関係、保護者を含め皆、喜んでいます。県を代表して心から日本の先生にも、日本の皆さんにも感謝しています。」と感想を述べました。感謝の歌を歌ってくれた子どももいました。

    集合写真

    ウランバートル郊外の大平原にて

    予算使途の内訳

    渡航費 25万円
    現地滞在活動費 30万円
    現地交通費 10万円
    会議費 10万円

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    AMDA

    http://amda.or.jp/

    1984年の設立以来、「困った時はお互い様」という相互扶助精神のもと、「救える命があれば、どこへでも」をモットーに、紛争・災害・貧困に苦しむ人々への保健医療支援を柱とする国際人道支援活動を世界67カ国で実施してきました。2006年に国連経済社会理事会より「総合協議資格」を取得。

    この団体は寄付金控除対象団体です。
    領収書の発行依頼は こちらから。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    3,000寄付によるギフト

    ①報告書の送付

    報告書をメールの添付にてお送りいたします。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2016/06/16 19:00 ~

    5,000寄付によるギフト

    ②報告書に加え、子どもたちのサンキューメッセージ

    報告書と共に眼科検診を受けた子どもたちからのサンキューメッセージ(はがき大)を送付させていただきます。先着10名の方にはオリジナルを郵送させていただきます。以降の方にはメール添付にてお送りさせていただきます。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 海外も含めて配送可能

    購入可能期間 : 2016/06/16 19:00 ~

    10,000寄付によるギフト

    ③報告書に加え、子どもたちの描いた絵(メッセージ入り)

    報告書に加えて、眼科検診を受けた子どもたちの描いたメッセージ入りの絵(A4サイズ)を送付いたします。先着10名の方にはオリジナルを郵送にてお送りいたします。以降の方にはメール添付にてお送りいたします。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 海外も含めて配送可能

    購入可能期間 : 2016/06/16 19:00 ~

    50,000寄付によるギフト

    ④報告書・絵に加えて、協力者として報告書にお名前掲載

    報告書・子どもたちの描いた絵をお送りするとともに、協力者・協力団体として報告書にお名前を掲載させていただきます。先着10名の方にはオリジナルを郵送にてお送りいたします。以降の方にはメール添付にてお送りいたします。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 海外も含めて配送可能

    購入可能期間 : 2016/06/16 19:00 ~

    100,000寄付によるギフト

    (残り10ギフト)

    ⑤バナー(横断幕)に協力団体として団体名記載

    報告書をお送りするとともに、協力団体として報告書にお名前を掲載させていただきます。また、プロジェクト実施の際に現地で使用する横断幕に団体名・ロゴ等掲載させていただきます。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 未定

    配送可能地域 : 海外も含めて配送可能

    購入可能期間 : 2016/06/16 19:00 ~