JapanGiving > NPO活動を支援する > 障がいを持つ子ども達の将来の可能性の扉を...
  • 障がい・介護
  • 芸術・スポーツ
  • 教育
  •  

障がいを持つ子ども達の将来の可能性の扉を開くために、海外へ連れて行きたい!

  • お気に入りに登録
    マイページに追加され、
    NPOからメッセージが届きます。
  • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

10
4

目標の寄付金額は1,000,000円に設定されています。


  • JAPANGIVINGの情報をフォローしよう!
  • 障がいを持っている事で、周りから「車椅子だからできない」と決めつけられている子ども達の挑戦する子供達の心を育てたい!親元を離れ、バンクーバーで初めて春休みを過ごすための寄付を募ります!

     こんにちは。NPO法人D-SHiPS32の上原大祐です。バンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得した経験より、スポーツの力や、夢に向かって挑戦する楽しさを感じ、障がい児にもっと「夢に向かって挑戦できる社会を創造したい!」とNPOを立ち上がりました。

     春休みは多くの子供たちが新学年に備え希望を育む時期です。
    そんな時期に今回は子ども達に大きな挑戦をしてほしいと思い、企画を立ち上げました。それは、「親元を離れて、海外で沢山の経験をしよう!」「少しでも多くの『できた!』体験を届けよう!」と車いすに乗っている海外に連れて行こうと思っています。
     行先のバンクーバーは子ども達2人が世界地図を見ながら決めました。
    「どうしてバンクーバーにしたの?」と聞くと、「大ちゃんが活躍した場所を見てみたい!」と、非常に嬉しい答えが笑顔と共に返ってきました。

    バンクーバーで得られるであろう子ども達の「夢」チャレンジの応援をよろしくおねがい致します。
    『夢が、いちばんのエネルギー。』だと信じているから。

    社会側から生まれる障がいが子ども達の挑戦する心を閉ざしていく。

    私自身も車椅子で生活している事から感じるのが、「車いすだからそれは無理だよ」という社会側にある障がいです。
    「車いすだからできない」と勝手に決めつけられてチャレンジするチャンスを与えられない現状。
    子ども達は日々「それはできない」「あれはできない」と言われ続けられる事で、本来できる事もできない事と勘違いしてしまう事もあるでしょう。

    こんなエピソードがあります。
    私が車を運転して子ども達の前に登場したら「えっ!車いすでも車を運転できるの?って事は僕も(私も)将来運転できるの?」と目をキラキラさせながら聞いてきます。

    もちろん答えは「YES!!」です。

    こうして、大人たちが、環境が子ども達の挑戦する場所を奪っていっているのです。これは同時に、私たちが関わる社会側の障がいを変えていくきっかけになると確信しております。

    身近な人が差別者になる可能性がある

    今回あえて親元から離れて、私たちが子ども達を連れていくのには大きな理由があります。それは『身近な人が一番の差別者になる可能性がある』からです。

    私たちの活動の中で、子ども達に「これをやってみよう!」と声をかけると、親御さんがこう答える時があります。

    「それはうちの子にはできませんので。」

    それでも私はいつも子ども達に挑戦させる事があります。
    そうすると、実は出来る事が多いのです。

    だからこそ、今回の企画は親元を離れ、自発的な心を養い、素直にやりたい事に挑戦できる環境の中で、「できた!」という成功体験の積み重ねを体感してもらい、夢を持つ楽しさを知ってもらいたい。

    そして、帰国後「あれができた!」「これができた!」と、自信につながる体験をありのままに語ってもらい、彼らの成長した姿を親御さんに見てもらいたい。

    今回この企画に賛同して子ども達を送りだしてくれる親御さんに感謝したいと思います。

    子ども達にチャレンジするチャンスを与えて下さりありがとうございます。


    子ども達からのリクエストで同行するサポート役藤本真衣のご紹介

    【自己紹介】
    勉強の苦手な子ども達に特化した家庭教師の派遣会社で7年、述べ約3000人の子ども達と接した経験を生かし、子どもの笑顔を”時計”という共通の軸で世界を繋ぐ”がコンセプトのキッズトケイ”の立ち上げに携わった。
    その後、株式会社グラコネを立ち上げ”つながるをつくる”をコンセプトにマッチングビジネスを展開。
    仮想通貨“ビットコイン”の海外送金手数料が少ないというメリットを生かし1円でも多く海外の子ども達に寄付できるように寄付サイトを立ち上げ中。
    また、D-SHiPS32に所属し、上原大祐氏と共に、様々な企画を実行している。

    予算使途の内訳

    渡航費、宿泊費、滞在費、人件費

    チャレンジを作成する

    この団体の取組のためにファンドレイズ(寄付集め)を開始する

    • お気に入りに登録
      マイページに追加され、
      NPOからメッセージが届きます。
    • 下方のHTMLコードをコピーして、あなたのWebサイトやブログに用途に あわせて様々な形のプロジェクト概要を表示して応援しよう!

    寄付先の団体情報

    D-SHiPS32

    http://japangiving.jp/

    当法人は障がい者を対象とし、身体障がい者と健常者が時間を共有する場を創ることで、両者が幸せ・楽しみを互いの交流によって得られるよう個人・団体を繋いでいき、夢を持って挑戦する精神の育成を目的とします。

    任意の金額で寄付する

    ※寄付は500円からできます。

    5,000寄付によるギフト

    D-SHiPS32よりお礼と現地報告メール

    今回、我々D-SHiP32から2人のスタッフが現地に行きますので、我々よりお礼のメッセージと現地から状況報告レポートをお送りさせて頂きます。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2016/12/07 07:00 ~ 2017/01/31 23:59

    10,000寄付によるギフト

    参加した子ども達からお礼の動画と現地報告メール

    参加した子ども達から皆さんへお礼の動画ち現地から状況報告レポートをお送りいたします。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2016/12/07 07:00 ~ 2017/01/31 23:59

    30,000寄付によるギフト

    バンクーバー現地より子ども達直筆のエアーメール

    子ども達からの手書きのお手紙をバンクーバーよりお送りいたします。

    現在の寄付人数 : 1

    配送予定日 : 365日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/07 07:00 ~ 2017/01/31 23:59

    50,000寄付によるギフト

    D-SHiPS32グッズ・お手紙・報告会の参加券

    D-HiPS32のオリジナルグッズと子ども達からの手書きのお手紙をお送りいたします。また、帰国後報告会を東京で開催しますので、その参加券をお送りいたします。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 365日以内にお届けする予定です

    配送可能地域 : 国内のみ配送可能

    購入可能期間 : 2016/12/07 07:00 ~ 2017/01/31 23:59

    200,000寄付によるギフト

    (残り5ギフト)

    参加した子どもと代表上原、同行した藤本による体験談報告書

    皆さんの所にご訪問させていただき、体験談をご報告いたします。
    ※交通費別途
    ※お手数ですが、会場もご用意頂きたくお願い申し上げます。

    現在の寄付人数 : 0

    配送予定日 : 未定

    購入可能期間 : 2016/12/07 07:00 ~ 2017/01/31 23:59